浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

第2番 讃岐 法然寺

〒761-8078 香川県高松市佛生山町/電話:0878-89-0406番

おぼつかな 誰か言ひけん 小松とは 雲をささふる 高松の枝

法然寺

法然上人が建永2年(1207)75才のとき、流罪をうけて、逗留されたのがこの地である。はじめ法然上人は小松庄正福寺におられたが、上人許されて帰京された後その寺が炎上したために寛文年間(1661~1673)に、高松藩の松平頼重公が、上人縁りの寺の荒廃をなげき、仏生山の地に再建したものである。

 

法然上人が塩飽島に着いた際、波の上の岩頭に立たれているお姿を表した「波乗りの法然上人像」が安置してある。山上には法然上人をまつる御廟、檀下に来迎堂、そしてねはん堂には、珍しい寝釈迦がある。

 

附近に善通寺や、四国流罪のときの最初の上陸地である塩飽専称寺がある。

次の御霊場へ 次の御霊場へ

御詠歌