浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

第3番 播磨高砂 十輪寺

〒676-0051 兵庫県高砂市高砂町横町/電話:07944-2-0242番

生まれては まづおもひ出ん 古里に ちぎりし友の 深き誠を

十輪寺

法然上人が、四国流罪の際に、この浜辺で漁夫八田治朗大夫夫婦を化益されたところである。漁夫は上人のみちびきをうけて、その後念仏に帰し、後に立派に往生したとつたえられる。寺域にこの八田夫婦の名碑が残っている。

またこの寺には、「宝瓶の御影」を安置しているが、これは上人四国流罪のおり、小松正福寺に残されていた上人自賛画である。それによって、この寺を宝瓶山と称している。

この寺の創建は古く、弘仁6年(815)に弘法大師が勅命により、創建したとつたう鎮護国家の祈願所であったが、その後浄土宗西山禅林派に属することになった。

附近に御津町室津の浄運寺がある。遊女化益の地であり、上人自作の頭に、遊女が植土をもってつくったという像が安置され、真筆とつたう名号なども蔵している。

次の御霊場へ 次の御霊場へ

御詠歌