浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

第7番 大阪 一心寺

〒543-0062 大阪市天王寺区逢阪上之町155/電話:06-6771-0444番

阿弥陀仏と いふよりほかは 津のくにの なにはのことも あしかりぬべし

一心寺

法然上人が文治元年(1185)に、四天王寺西門のほとりの茶臼山の近くの草庵で日想観を修し、又後白河法皇もこのところに行幸あって、上人と座をならべて日想観を修せられたという地である。このとき上人は自ら南無阿弥陀仏の名号を西の壁にかかげて念仏されたという。その名号が今もなお寺宝として残っている。

元和元年(1615)に、大阪夏の陣の際に、境内に多くの遺体が横たわっているのを時の住職存牟上人が供養したというところに大殿堂が出来たが今次の大戦で全焼し、現在は復興されて大本堂その他が竣工した。寺宝には上人の一行一筆阿弥陀経、一心寺縁起、法然上人像などがある。

附近には四天王寺第6番念仏堂、また郊外には第5番勝尾寺二階堂がある。

次の御霊場へ 次の御霊場へ

御詠歌