浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

第11番 大和 東大寺 指図堂

〒630-8211 奈良市雑司町大仏殿西隣/電話:0742-22-5511番

さへられぬ 光もあるを おしなべて 隔て顔なる 朝霞かな

東大寺 指図堂

奈良の大仏殿の西、100米のところにあるお堂で、治承4年(1180)にこの大仏殿が兵火にかかって炎上したとき、法然上人のすすめで俊乗坊重源が、その大勧進職について再建工事を指揮したのが、このお堂である。また建久元年(1190)に後白河法皇の勅命で、俊乗坊重源の請を入れて、法然上人が、大仏殿の南庭で浄土三部経の講説をされたとつたえられている。東大寺は華厳宗の総本山であり、聖武天皇の建立で、総国分寺である。このお堂の本尊は中国の善導大師の作といわれ、五劫思惟の阿弥陀如来の像であり、法然上人の草鞋履き像も安置されている。

附近には京都の木津に安養寺、橿原市第10番香久山法然寺、第9番當麻寺奥の院などがある。

次の御霊場へ 次の御霊場へ

御詠歌