浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

第20番 京都新京極 誓願寺

〒604-8035 京都市中京区新京極桜之町/電話:075-221-0958番

極楽は はるけきほどと 聞きしかど つとめて至る 所なりけり

誓願寺

この寺の歴史は古く、天智天皇の勅願の寺として、奈良に創建されたもので、平安遷都に際して、京都の西の方、乙訓郡に移り、更に京都市内小川の西に再建したとつたえられる。また後に、豊臣秀吉が現在の地である新京極六角に移転したものである。

その間奈良の法相宗の碩額蔵俊僧都がこの寺の一代となり、念仏に帰依して、法然上人を中興開山と仰いだとつたえられる。

法然上人はこの寺を常設の説法場として、つねに化益されたところである。寺は7度の火災にかかり、昔の面影はないが、近年すっかり復興が完成した。国宝の誓願寺縁起や、牧渓之信の画幅がある。この寺は西山深草派総本山であり、立信上人が住んだところでもある。

附近には第23番清浄華院第22番百万遍知恩寺第25番知恩院第13番清水寺、念仏堂などがある。

次の御霊場へ 次の御霊場へ

御詠歌