浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

第25番 京都 総本山 知恩院

〒605-0062 京都市東山区林下町400/電話:075-531-2111番(代)

草も木も 枯れたる野辺に ただひとり 松のみ残る 弥陀の本願

総本山 知恩院

法然上人が比叡山を下られてから最も長く住まわれた吉水の庵室、また四国流罪を許されてから住まれた大谷の禅房のあとで、後に、勢観房源智上人が建立した寺である。うしろの山を華頂山といいその山麓に上人の御廟があり、上人入滅の地であり、念仏する人のふるさとで、浄土宗にふさわしい大殿堂が建ちならんでいる。これらの堂宇は、徳川秀忠、家光によって建立されたものである。

この寺は華頂山知恩教院大谷寺というのが正しい名である。大殿堂はほとんどが重文であり、小堀遠州作の庭、大小方丈の襖絵は狩野派一門の筆になり、宝物には48巻伝、早来迎図、隆信の御影など多数の重文がある。

附近には第13番清水寺阿弥陀堂第24番大本山黒谷金戒光明寺第22番大本山百万遍知恩寺第20番誓願寺などがある。

御詠歌

→ 本山紹介

→ 知恩院ホームページ