浄土宗 浄土宗暦 今月の言葉
2005年: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
履歴: 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年
2009年 2010年 2011年 2012年                
2005年 1月

This year too;let us enjoy a meaningful life

 さあ今年もよく生きよう。一年の計は元旦にありというように、正月に自らの進むべき方向や目標、ビジョンを明確にすることは、よりよく生きるためには、とても大切なことだと思う。
 私は現在、心理カウンセラーの仕事もさせていただいている。これまで多くの、とくに若い男女の抱える問題と関わってきた。
 そこで感じたことなのだが、問題を抱える多くの人には、共通項のあることに気づいたのである。それは、自分自身の将来に希望が持てないということ、つまりビジョンが無いのである。
 かりにあったとしても漠然としたものや、本当に自分が望んでいることなのか分からないもの、あるいは、本人の現状とあまりにもかけ離れた理想のようなものであったりする。
 ビジョンとは例えるなら、絵に描いた餅である。この餅を手に入れるためにまずすべきこと、それはビジョンの明確化である。つまり、この餅の色や形、種類やその味わいに至るまで具体的に思い描く。そして本当に欲しいのかどうかを確認する。実はこれが最も大切なことである。  ビジョンが明確になれば、それを手に入れるために何をすればよいのかが自然に明らかになる。また、途中で起こる様々な障害や失敗は、努力の方法や手段を変えるチャンスとなるのである。そして、これまでの固定化された観念や、自らを縛る世界から解放されて、自らの選択によって人生を創造するというプロセスが始まるのである。
 よりよく生きるとは、自らの人生にとってより望ましい具体的な状況を目指しつつ、創造的に生きていくことにほかならない。同時にその望ましい状況=ビジョンは、周囲の人々にとっても望ましいことであらねばならない。
 人間は、ひとりでは生きていくことは出来ない。すべて、人と人との関わり合いのなかで生きているのである。他者とともにビジョンを分かちあい、支え合いながら、よろこびに満ちた人生を送ることが、よりよく生きることであり、共生(ともいき)の人生ではないだろうか。
 さあ今年も、よく生きよう。

(滋賀県甲賀町・法蔵院 畦 昌彦)
<< 前月 次月 >>


Copyright(C) jodoshu press 2003-2011

HOME お問い合わせ・ご意見