行事案内


特集

  • お手紙募集
  • 災害復興
  • 今月の言葉
  • 浄土宗の法話
  • こころと命の電話相談室
  • 浄土宗新聞Facebook

関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

今月の言葉

2015年 1月
始めなければ 始まらない   << 前月 + 次月 >>

―Aim high, then take your first step.―

 「目と心に 明確な標的の薫る日こそ 生涯で いちばん美しい日だ」とは詩人宮澤章二さんの詩の一節。目が一定の方向を指す行為を〈めざす〉、心が一定の方向を指す行為を〈こころざす〉というが、私たちはこの人生で何を目指し、何を志して生きているだろうか。
 私は小学生の頃の作文で「プロサッカー選手になりたい」と将来の夢を疑うことなく書いたものの、叶わなかった。同じ小学生の作文で「プロサッカー選手になり、イタリアのセリエAのチームで10番を背負って活躍する」と書いたサッカー日本代表のエース本田圭佑選手は、その夢を今まさに実現している。有言実行とはこのことだ。
 本田選手と私を比べてはおこがましいが、同じ小学生の頃に描いていた「プロサッカー選手」という夢。一方はぼんやりとして輪郭がない。もう一方はしっかりと夢の形を掴んでいる。この具体性の差はそのまま、夢に対する思いの強さの差なのかもしれない。夢や理想をただ漠然と抱くのではなく、明確に具体化することが大切だろう。
 ところで、「夢」と「志」は、似たような意味を持つ言葉だが、使い方は異なるそうだ。夢は自分自身の理想や幸せを願うものであるのに対し、志は世のため、人のため、広く皆の幸せを願うときに使うという。幸せになりたいのが「夢」で、幸せにしたいのが「志」。
 法然上人のお言葉に触れるとき、例えば、武士の津戸三郎為守に宛てた返事のお手紙の中には「往生にこころざしあらん人は」「こころざしを金剛よりもかたくして」と、私たちが目指すべき極楽往生という目的に対して、「志」の言葉を多く使われている。阿弥陀さまの極楽浄土へ往生させていただくのは自分自身だ。同時にそれは、縁ある周りの方々を導くことでもある。
 先日、あるお檀家さんが「和尚さん、人間って儚いね。生きるって尊いね。やっぱり南無阿弥陀仏ってせんば(しなければ)。阿弥陀さまに手を合わせんば…」と話された。普段は気さくで冗談も言うような人だが、立て続けに身近な人の無常の出来事に遇われたことで、思うところがあったのだろう。自らの人生の目指す方向、志すべきものが明確になられたのだと感じた。
 法然上人は「これと決めた行を修めようという気持ちがあれば、それは志がおこった証です」と仰られる。人生は一度きりしかない。「ただ何となく過ごして人生を終えないで・・・」という上人からのメッセージを胸に、目指すべき道のりを確かめ、それぞれの一歩を踏み出そう。

 
(佐賀県鹿島市 三福寺 永田知徳)
  始めなければ 始まらない
     
2015年: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
履歴: 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年
2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年