行事案内


特集

  • お手紙募集
  • 災害復興
  • 今月の言葉
  • 浄土宗の法話
  • こころと命の電話相談室
  • 浄土宗新聞Facebook

関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

四季のこよみ

季節 旧暦季節 二十四節気 由来・来暦
1月 季冬 小寒 この日より「寒の入り」、
節分までが「寒の内」
大寒 寒さが最も厳しい時期。
寒修行、寒稽古で
身心を鍛える好時節
2月 孟春 立春 旧暦の正月の頃。春の気立つ。
八十八夜、二百十日などの
基準日
雨水 陽気次第に増し
、氷雪が解けて水となり
、雪に変わり、雨が降り出す。
3月 仲春 啓蟄 土中に隠れ冬籠りの虫が、
春気に誘われ穴を啓いて
這い出てくる。
春分 春気正分。
太陽の黄経0度の日。
これより日脚次第に伸びる。
4月 季春 清明 清浄明潔。寒気は去り、
清々しく生気あふれる。
春の本番。
穀雨 煙るが如くに降る雨が
田畑を潤し、
百穀の成長を促す。
5月 孟夏 立夏 春色は早やあせて、
新緑が目に鮮やかな
爽快な夏の始まり。
小満 陽気ますます高く、
草木は盛んに繁り、
万物長じて天地に満つ。
6月 仲夏 芒種 芒とは稲科植物の
実にある細い毛。
若苗が風になびく青田の頃。
夏至 夏の至極。
北半球では昼が最も長い。
梅雨盛りのシーズン。
7月 季夏 小暑 梅雨明け前、
孟熱が加わり蒸し暑くなる。
この日より厚気に入る。
大厚 暑さの盛りを迎える
土用明けのころ。
蝉が鳴き百日紅が彩る。
8月 孟秋 立秋 暦の上では秋、
残暑見舞いにはいるが、
実際には盛夏の真只中。
処暑 処はとどまるの意。
暑さは峠を越し、
朝夕の気配。
9月 仲秋 白露 秋冷により野の草木に
白露(しらつゆ)が
やどり始める。
秋分 日は真東に昇り真西に沈む。
昼夜の長さがほぼ等しい。
彼岸花咲く。
10月 季秋 寒露 秋は深まり朝露が、
一段と冷たい。
山岳、北国に紅葉が始まる。
霜冬 朝霜は白く降り、
収穫が急がれる。
虫の声も寂しげな晩秋。
11月 孟冬 立冬 高嶺に冠雪。
日脚が一段と短く感じられ
冬の気配が忍び寄る。
小雪 冷えこみはまださほど
厳しくないが、
雪がちらつき冬仕度に追われる。
12月 仲冬 大雪 強い季節風が吹き始め、
時に大雪が降り、
根雪も近い。
冬至 日没が最も早く夜は最も長い。
一陽来復とこの日を
祝う行事が多し。