ご家庭・お子さまで


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

画像

福井発 豆腐かぶら蒸し

材料(4人分)

「越しのルビー」と「金時草(きんじそう)」のサラダ

  • 越しのルビー(トマト) 6個
  • 豆腐 半丁
  • しめじ 半パック
  • かぶら 100グラム
  • ぎんなん 12個
  • ゆり根 1株
  • ちんげん菜 2枚

【かけ汁】

  • 昆布出汁 200cc
  • 塩 少々
  • 片栗粉 小さじ2
  • みりん 大さじ1


作り方

  1. 豆腐はよく水切りして裏ごしし、かぶらは皮をむいてすりおろし、ザルで軽く水を切る。
  2. 豆腐はよく水切りして裏ごしし、かぶらは皮をむいてすりおろし、ザルで軽く水を切る。
  3. 器にラップを敷いてを取り分け、石づきを取ってほぐしたしめじ、ゆり根、皮をむいたぎんなんを添え、茶巾絞ちゃきんしぼりにして蒸し器で10分ほど蒸す。
  4. 出汁に塩、みりんを入れ、細かく切ったちんげん菜を散らしてひと煮立ちさせ、少量の水でといた片栗粉を加えてトロミをつける。
  5. 蒸し上がった3のラップを取り、4をかけ、わさびをのせて出来上がり。

★料理長のひとこと★

冬野菜がおいしい季節になりました。今回はそのなか、かぶらとゆり根、それにちんげん菜を使ったひと品をご紹介。
消化酵素を多く含むかぶらは胃もたれや胸やけに、食物繊維や豊富なたんぱく質、でんぷんなどを含むゆり根は整腸や滋養強壮などに効果があるといわれ、ちんげん菜はビタミンA・Cを多く含み、風邪の予防にも。
食感なめらかなお豆腐との取り合わせは、忘年会や新年会で疲れた胃腸、寝不足の体をいたわるのにぴったりですね。


協力:

開花亭
福井県あわら市温泉5丁目
TEL/0776-77-2525(代)

写真=小堀祐二

→ 詳しくはこちら