ご家庭・お子さまで


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体


画像

涼 香 奴りょうこうやっこ

140kcal 塩分1.3g 調理時間10分


材料(4人分)

涼香奴

りょうこうやっこ

  • 絹ごし豆腐 1丁(400g)
  • おくら 4本
  • みょうが 1本
  • 白ねぎ 5㎝
  • 大葉 3枚
  • 万能ねぎ(小口切り) 適量

しょうがダレ

  • ごま油・しょうゆ 各大さじ2
  • 砂糖・酢 各大さじ1と1/3
  • しょうが(すりおろし) 2つまみ

作り方

涼香奴
  1. おくらはさっとゆでて斜め薄切りにする
  2. みょうが、大葉、白ねぎは千切りにし、白ねぎは冷水にさらしてから水気をよく切っておく。
  3. 器に4~6等分に切った絹ごし豆腐を入れて、さっと混ぜた1と2、 万能ねぎを上に盛り、混ぜ合わせたしょうがダレをかけて出来上がり。

★ひとこと★

ねぎは辛味や香りの成分アリシンを多く含み、夏の疲労回復に効果的です。

おくらやみょうがもデトックス(体内から毒素や老廃物を取り除く)効果の強い香味野菜。しょうがの香りには鎮静効果があると言われています。

また、豆腐は、白菜・大根とともに「養生三宝ようじょうさんぽう」と呼ばれ、体にやさしく精進料理には欠かせない食材として重宝されてきました。低カロリー、ノンコレステロールで、血液や皮膚になる良質なたんぱく質が豊富です。カルシウム、食物繊維など普段の食事で不足しやすい栄養も多く含みます。おくらやねぎ、大葉などの野菜類と一緒に摂とることで、美肌効果も期待できますよ。

食欲と元気が減退しやすい夏場におすすめの一品です。


浜田陽子(料理研究家)

浜田陽子

「生活習慣病」「食育」「ダイエット」「乳幼栄養」「妊産婦栄養」を専門分野とし、”心と体に美味しいレシピ”を提案する。雑誌・新聞WEBへのレシピ提供、連載コーナー等展開。TV・ラジオへの出演、番組制作にも関わる。



写真=カットスタジオ

→ 詳しくはこちら