ご家庭・お子さまで


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

  1. 浄土宗トップページ >
  2. ご家庭・お子さまで 精進お料理教室 >
  3. なすと2色ピーマンのピリっと炒め

画像

なすと2色ピーマンのピリっと炒め

139kcal 塩分1g 調理時間10分


材料(4人分)

なすと2色ピーマンのピリっと炒め
  • なす 中1本
  • ピーマン 2個
  • 赤ピーマン 2個
  • ごま油 大さじ1~2

【たれ】

  • 砂糖 大さじ1
  • みりん 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ1.5
  • 七味唐辛子 適量

作り方

なすと2色ピーマンのピリっと炒め
  1. なすは1.5センチ厚の半月切りに、ピーマンと赤ピーマンは縦1センチ幅に切る。
  2. フライパンにごま油を熱し、1.の具材を入れて炒め、火が通ったら、たれを加える。。
  3. 水分がほとんどなくなるまで混ぜながら煮詰め、七味唐辛子をまぶす。

★ひとこと★

夏野菜には、体の火照ほてりをとる効能を持つものが多く、豊かな彩
(いろどり)は暑さで減退しがちな食欲を促進してくれます。

なすの皮には色素成分アントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンはポリフェノールの一種で、高い 抗酸化こうさんか作用があり、 活性酸素かっせいさんそによる体内の老化を防ぎます。調理の際には、なるべく皮ごと使うのがおすすめです。

ピーマンには、夏の疲労回復に欠かせないビタミン類が多く含まれており、火が通りやすく手軽に調理できるのがうれしい緑黄色野菜です。夏バテをしやすい方は、食卓に多く取り入れてくださいね。

ピーマンを切る時に種が多少残ることがありますが、あえてきれいに除かずそのまま使いましょう。クーラーの当たりすぎや、屋内外の寒暖差による体の芯の冷え(夏の冷え性)を予防する効果が期待できます。


浜田陽子(料理研究家)

浜田陽子

「生活習慣病」「食育」「ダイエット」「乳幼栄養」「妊産婦栄養」を専門分野とし、”心と体に美味しいレシピ”を提案する。雑誌・新聞WEBへのレシピ提供、連載コーナー等展開。TV・ラジオへの出演、番組制作にも関わる。



写真=カットスタジオ

→ 詳しくはこちら