ご家庭・お子さまで


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

  1. 浄土宗トップページ >
  2. ご家庭・お子さまで 精進お料理教室 >
  3. れんこんときのこの卯の花和え

画像

れんこんときのこの卯の花和え

65kcal 塩分0.5g 調理時間10分


材料(4人分)

れんこんときのこの卯の花和え
  • れんこん 3cm
  • しいたけ 2枚
  • まいたけ 1/2個
  • ごま油 少々

【A】

  • 卯の花 40g
  • 砂糖 大さじ1
  • だし汁 50cc
  • 酢  大さじ2
  • 薄口しょうゆ 小さじ1

【B】

  • 万能ねぎ、甘酢しょうが 適量

作り方

れんこんときのこの卯の花和え
  1. れんこんは3ミリ厚の半月(大きいものはいちょう)切りに、
    しいたけは石突いしづきをとって1/4に、まいたけは食べやすい大きさにほぐす。
  2. フライパンにごま油を熱し、れんこんを入れて両面焼き、きのこを加えて全体を炒め合わせる。
  3. 弱火にして材料Aを加え、混ぜながら卯の花がぽろぽろになるまで煮詰める。材料Bを加えてさっと混ぜ、火をとめる。

★ひとこと★

れんこんには、粘膜を保護する栄養が含まれるため、鼻やのどに薬効やっこうがあるとされ、古来、民間療法に多く取り入れられてきました。食物繊維も多く含むため、整腸作用はもちろん、コレステロールの上昇を抑える働きもあります。

きのこ類も食物繊維たっぷり。非常に低カロリーなためダイエットをしたい方の食事作りには大活躍します。食感も良いので、料理の中で良いアクセントにもなるほか、うまみが強いので、薄味で調理しても物足りなさを感じにくいのが特長と言えるでしょう。

卯の花は大豆たんぱく質が豊富で、代謝や造血ぞうけつにかかわるビタミンB群、サポニンやイソフラボンなどの抗酸化物質など、栄養満点。中でも、脳の活性化・老化予防で注目されている亜鉛は、子どもの成長や認知症予防のためにも、しっかりりたい栄養です。


浜田陽子(料理研究家)

浜田陽子

「生活習慣病」「食育」「ダイエット」「乳幼栄養」「妊産婦栄養」を専門分野とし、”心と体に美味しいレシピ”を提案する。雑誌・新聞WEBへのレシピ提供、連載コーナー等展開。TV・ラジオへの出演、番組制作にも関わる。



写真=カットスタジオ

→ 詳しくはこちら