ご家庭・お子さまで


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

  1. 浄土宗トップページ >
  2. ご家庭・お子さまで 精進お料理教室 >
  3. おくらとプチトマトの胡麻塩和え

画像

おくらとプチトマトの胡麻塩和え

92kcal 塩分0.8g 調理時間10分


材料(4人分)

おくらとプチトマトの胡麻和え
  • おくら 12本
  • プチトマト 16個
  • ごま油 大さじ2
  • 塩 大さじ2/3
  • 白すり胡麻 大さじ2

作り方

おくらとプチトマトの胡麻和え
  1. おくらはさっと茹ゆでて、ヘタをとり、斜め半分に切る。プチトマトはヘタをとり縦半分に切る。
  2. ボウルにごま油と塩を混ぜ合わせる。
  3. ①の具材を和え、すり胡麻も加えて混ぜる。

★ひとこと★

 おくらは、カロテンやビタミンC、ビタミンB群など、多くのビタミン類を含み、美肌効果や夏バテを予防するはたらきがあります。ねばり成分には、血圧や血糖値の上昇を抑える効果も期待でき、高血圧や動脈硬化が気になる方には多く取り入れていただきたい夏野菜です。また、胃の粘膜を保護し消化を促すので、夏場、胃の調子が悪くなりやすい方にもおすすめです。
 プチトマトは、ビタミンC、カロテン、食物繊維、鉄分などを多く含み、同量の普通のトマトと比べると、1.5〜2倍の含有量になります。また、がん予防の効果で話題となった栄養成分リコピンも豊富です。家庭菜園でも育ちやすく身近な食材なので、旬の夏場には度々食べたい野菜です。このレシピは、和えるだけの簡単な一品なので、きゅうりやアボカドなど他の食材でもお試しください。


浜田陽子(料理研究家)

浜田陽子

「生活習慣病」「食育」「ダイエット」「乳幼栄養」「妊産婦栄養」を専門分野とし、”心と体に美味しいレシピ”を提案する。雑誌・新聞WEBへのレシピ提供、連載コーナー等展開。TV・ラジオへの出演、番組制作にも関わる。



写真=カットスタジオ

→ 詳しくはこちら