法然上人の足跡
ライン
浄土宗 ≫ 法然上人とは ≫ 法然上人の足跡 ≫ 総本山 善通寺
ライン
真言宗 善通寺派  総本山 善通寺(法然上人逆修の塔) 真言宗 善通寺派  総本山 善通寺(法然上人逆修の塔)

■法然上人の足跡
    法然上人は建永2年(1207) 讃岐にご配流の折、塩飽を経て讃岐本土に上陸、生福寺 (現在の西福寺)への道中に善通寺に立ち寄られました。

■寺院暦(沿革)
    善通寺は弘法大師御誕生の霊跡、大師自ら建立した真言宗発祥の根本道場であり、真言 宗善通寺派の総本山であります。
    大師は宝亀5年(744)6月15日に現在の御影堂の所で御誕生になり、父君は佐伯善通N、 母君は玉寄御前。
    弘法大師は唐(中国)より帰せられ、大同2年(807)より6ヵ年の歳月をかけて、父 君菩提のために恩師である恵果和尚の唐の青龍寺を模して、ご両親のお屋敷に七堂伽藍を 建立され、父君の名を寺号として誕生院善通寺と称された。
    また、昔から歴代天皇の叡信あつく、また弘法大師の御作や御遺品など寺宝が数多く残 されており、京都の東寺、高野山ともに三大霊場と称され信仰を集め、境内は東院と西院、 併せて約13,600坪、四国88ヶ所霊場第75番札所として全国各地から参拝に訪れております。