ご家庭・お子さまで


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

平家物語

画像

画像

(1) 謎と無常、美と浪漫に満ちた物語 ついに語り始められる!

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり
大人気、早くも異本続出
平忠盛、清涼殿に昇る! ただちに闇討の密議が諮られる
平家にオカルト的味方?「あ船に鱸が!?」

→ 詳しくはこちら

(2) 沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす
平大納言時忠卿、暴言事件 まるで紅衛兵!少年密偵、都を闊歩する事態!

一門、栄華、栄達の道
暴走族、資盛の道交法違反!?
男子は官界の要職 女子は権威ある家柄に嫁す
ただ一向に南無阿弥陀仏 法然上人、浄土宗を開く

→ 詳しくはこちら

(3) 人道相国の御娘、后に立たせ給ふ

反平氏の陰謀、鹿ヶ谷事件発覚 陰であやつる後白河法皇

→ 詳しくはこちら

(4) 美しき白拍子たちの悲劇

一門、栄華、栄達の道
暴走族、資盛の道交法違反!?
男子は官界の要職 女子は権威ある家柄に嫁す
ただ一向に南無阿弥陀仏 法然上人、浄土宗を開く

→ 詳しくはこちら

画像

(1) 特報! 物語成立に法然門流の強いサポートがあった!

あの信空上人が行長の弟だった!?
続々と顕れる! 平家物語重要登場人物との関係
行長を含む謎の作者群がみな法然の関係者である不思議!
これらの驚くべき事実はいったい何を暗喩しているのか

→ 詳しくはこちら

(2) 痛ましき哉、不孝の罪を逃れんと思えば

あっ! 天台座主が大変っ 解任、流罪、奪還の大騒ぎ
清盛、法王を鳥羽殿へ幽閉!
密告! 裏切り者は多田行綱
平家一門、強大な軍事力を誇示 院の近臣らを一斉検挙!
小松殿ついに出馬 父、清盛に諫言
院の幽閉という暴挙を泣きながら諌める

→ 詳しくはこちら

(3) 不忠の逆臣となりぬべし。進退恨谷まれり

目撃者・談
二度目の諫言(要約)

→ 詳しくはこちら

(4) 皇子にてましましけるこそ目出たけれ

"善光寺焼失の風聞 (速報・信濃特派員)中宮徳子、
大難産の末 皇子を出産"、
"離島版 さる程に、鬼界が島へ三人ながされたりし流人
二人は召しかへされて都へのぼりぬ"
有王涙、ただ涙の再会
特別手記

→ 詳しくはこちら

画像

(1) 源頼朝、挙兵!

源平、最初の戦いを目前にして平家三万の軍勢、意気あがらず
源氏ってコワイッ!

→ 詳しくはこちら

(2) 宇治川の合戦で源三位頼政、憤死

八王子・西多摩・埼玉発=共同 謎の軍団、結集
"水鳥の羽音にびっくり、全軍、ただ逃走。前代未聞の珍戦!富士川の戦い"

→ 詳しくはこちら

(3) "源平合戦の幕開く 本誌スクープ あッ源氏にもジャニーズ系がッ!

美少年武者登場!九郎判官義経、ついに参戦"
"木曽義仲討伐のため、四万騎の連合追討軍が派遣されたが、
わずか三千騎にまんまと詐術にやられ無残な敗北"

→ 詳しくはこちら

(4) 東国のことは頼朝に任せよ、後白河、宣旨 "鎌倉殿兵衛佐頼朝、
木曽義仲との不和、不仲説が早くも囁かれる?

平家、防戦一方
"義仲、あっけなく京都占領
義仲入京の日、法然上人「一日聖教を見ず」と記される。
"占領軍、乱暴、狼藉。京都騒然!
綺麗っ!強いっ!まるで宝塚の人気男役、巴ちゃん

→ 詳しくはこちら

画像

(1) 次々に法然門下となっていく登場人物たち

式子内親王と法然上人はメル友だった!
法然上人、ひとりの幼児を預かる
平家の公達、一の谷に散る
"一の谷発・悲話 嗚呼、美少年 敦盛の最期 聞こえしはこれか 青葉の笛 "

→ 詳しくはこちら

(2) 驕れるものひさしからず

3月14日午後5時 平家一門、壇ノ浦でついに壊滅・滅亡
屋島の敗北 平家、瀬戸内の制海権を失う
宝剣、喪失す
"堀川御堂、獄中からの嘆願 重衡「法然上人にお会いしたい」"

→ 詳しくはこちら

(3) ただ春の夢のごとし

"猛将、熊谷次郎直実が法然上人の弟子となる"

→ 詳しくはこちら

画像

(1) 大天狗、兄弟の仲を裂く

平氏の血筋絶たれ、伝説が生まれ、語り継がれる
法然上人、授戒 助けを求める人々は急増
南都北嶺の一流学者集い 大原に法然上人の説を聞く

→ 詳しくはこちら

(2) 義経、平泉に死す その年「選択集」撰述

親鸞、夢告により法然門へ
日本文学に史に残る一枚起請文

→ 詳しくはこちら


この「平家物語」は(公財)浄土宗ともいき財団のご協力により(公財)浄土宗ともいき財団発行の「法然」に掲載された「平家物語」をホームページ化したものであります。