浄土宗の活動


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

  1. 浄土宗トップページ >
  2. 浄土宗の活動   浄土宗の法話

浄土宗の法話【2015年02月15日】

ただ頼め よろずの罪は 深くとも わが本願の あらん限りは

 寒さ厳しい日々を送っていますが、阿弥陀様に守られ、お念仏の信心を頂く皆様、また、本日浄土宗のホームページに御縁を頂いた皆々様に於かれましては、益々の称名、南無阿弥陀仏、お念仏精進、お慶び申し上げます。
 月日の経過するのは本当に早いもので年末、大晦日をお送りして、お正月をお迎えしたのがつい最近のことに感じますが、暦の上でも早や、二ヶ月目にはいりました。この如月は、語源に諸説ございますが、寒さが一番厳しい季節、暖を取るために、一枚着物を着重ねる季節、衣更着月(きさらぎつき)や、草木の芽が張り出す草木張月(くさきはりつき)等々、先人のこの季節にかけた想いを頂いています。この如月を乗り越えれば、温かい麗らかな春の訪れをいただきますね。春は間もなく、梅の花も少しずつその蕾を膨らませていきます。草木、自然は、ぼやっと生活をしている私以上に敏感で、改めて偉大だな・・・と驚くばかりです。
 大きな流れ、自然など季節一つ、自分の身一つとっても、つれづれに日々を過ごしてしまい、精進とは程遠い私であります。
 また、ついつい言葉を使い、安きに流れ意識もせずに服を一枚、また一枚と重ね着をするように、罪を重ねてしまう・・私でもあります。
 罪というと常に重たい言葉ととらえてしまいますが、仏教において罪には大きくは三つございます。
 一つには、法律的な罪(法律に触れる犯罪など)、二つには道徳的な罪(バスや、電車で席を譲らないなど)。三つには宗教的な罪(仏様から見た時の罪)。
 出来るだけ悪いことをしないようにと心がけていても、相手を言葉で傷つけてしまった経験、又、私も疲れているから・・・と、席を譲らなかった経験、振り返れば振り返るほど沢山あり、赤面しながら反省をさせていただいています。
 意識もせず知らずに身につけてしまう罪、又、何時自身の命の終わりを迎えるかもわからない、自分の身、命すらもままならない、心や体の懺悔すらも十分にできない私であるということを改めて痛感します。

 浄土宗宗祖、お念仏の元祖様こと、法然様の御歌に
  『ただ頼め よろずの罪は 深くとも わが本願の あらん限りは』

 大意は、ただ一心にひたすら私(阿弥陀如来様)に救われたいと頼みなさい。どんなに罪深い人でも、私の救いを心から信じ、私の西方極楽浄土へ生まれたいと願い、頼む心さえあればいいのです。私のこの本願がはたらき続ける限り、ひたすら南無阿弥陀仏と、お念仏を称え私に救われたいと頼みなさい・・・と。
 出来るだけ悪いことしない心がけで生活をさせていただいていますが、自分では気がつかぬうちに犯してしまうのも罪です。
 日々、場所、時間を選ばず、出来る修行がお念仏であります。阿弥陀様、お釈迦様、御二人の尊き仏様の選ばれ示された教え、南無阿弥陀仏と声に出して称えるお念仏とは、正に心と身体の杖であり、現代を生きる私の道標です。
 文末になりましたが、寒さ厳しい折、今あるこの命を大切にしながら、共に南無阿弥陀仏とお念仏を称え、改めてこの如月を乗り越え、三月弥生、春の訪れをお迎えさせていただきたいと思います。

合掌九拝

長野教区伊那組 西教寺 御園善康