浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

仏壇まつり方

仏壇

お仏壇は家庭信仰の中心であります。信仰の本尊阿弥陀如来を中心に先祖代々の諸霊もお祀りしてあります。仏壇の御本尊阿弥陀如来こそわが(あるじ)であって、われらは仏の家の子として給仕するのであると心得るべきであります。明るい正しい(なか)よい幸福の生活は、朝夕の仏壇前のおつとめと、心をこめた仏壇のお守りからはじまります。灯明をともし、花を立て、線香をあげ、浄水、献茶、その他供物をそなえる等、それぞれ分に応じて誠をささげるようにいたしましょう。

仏壇のおき場所

仏壇には大きいのから小さいのまで種類が多く地方によっては仏間を設け、立派な仏壇を備えている家もあります。しかし、いずれもいつでも家族と共に親しまれ、静かな勤行(おつとめ)のし易い、家の中心となる場所にお祀りすることが大切です。

新しく仏壇を求める方に

浄土宗の仏壇というきまった型はありませんが、余りけばけばしいのは遠慮して、質素でも真心のこもった清浄なものを求めることが肝心です。仏壇は家庭の中心となることを忘れないで下さい。

画像
上の画像をクリックしてださい。
拡大画像が表示されます。

仏壇内部の本尊

本尊阿弥陀如来の像は本来は立像ですが、座像にてもよろしく多くは後に舟型後光が付いています。木像でなくても画像、または「南無阿弥陀仏」の名号の掛軸でもよろしいのです。いずれも阿弥陀如来が本尊です。

弥陀三尊(みださんぞん)

両脇侍(りょうわきじ)

本尊は阿弥陀如来だけでよろしいのですが、如来の随身として、観音・勢至の両菩薩を本尊の両脇に(向かって右側に観音、左側に勢至)お祀りしても結構です。

両大師

浄土宗の高祖善導大師、宗祖法然上人の御掛軸又は御木像を、向かって右側に善導大師、左側に法然上人をお祀りします。

位牌

繰り位牌と、個々の位牌とがあります。安置する時、向かって右側が上座です。

仏壇内部の道具

香炉、花立、燭台、茶器等、仏壇の大きさによりきまります。また、仏壇の手入れは両彼岸、盆、暮、先祖の命日には特に内部を浄めたいものです。

お守り

仏壇のお守りは形式や体裁より先ず真心です。毎朝、仏飯、茶湯、水はお初を供え、生花は枯さないようにとりかえ、また季節の初物や到来物は一度お供えしてから頂くように心がけます。特に朝夕のおつとめは一番大切です。