浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

葬儀のときの遺族の服装

画像

葬儀のときの遺族の服装(地方によって地域性があります)

男性の場合

和服は黒無地、染め抜き五つ紋付き羽二重に羽織袴が正喪服です。足袋は白か黒、草履の鼻緒も黒いものにします。
洋服の場合、黒のモーニングコート、黒地にグレーのストライプ入りのスラックス、白いシャツ、黒いネクタイが正喪服です。準喪服はダブル、シングル、三つ揃いのブラックスーツです。正喪服、準喪服ともに靴下、靴は黒で、ネクタイピン、ポケットチーフは不要です。


女性の場合

和服は黒無地の染め抜き五つ紋付きの着物が正喪服です。準喪服は三つ紋か 一つ紋の地味な無地の着物で、色は半喪といわれる紫、藤色、グレー、えび茶などです。帯、帯揚げ、帯締め、バッグ、草履は黒で光るものは避けます。

洋服は黒のスーツ、ワンピース、アンサンブルが正喪服で、準喪服は黒でなくても濃紺、グレーなどのスーツやワンピースにします。どちらも光ったり、透けたりするものは避け、バッグや靴も光らないものにします。アクセサリーは 基本的にはつけませんが、つける場合は真珠か黒石のものにします。

画像

→ 葬儀に弔問するときのの服装