浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

  1. 浄土宗トップページ >
  2. 浄土宗について 仏事まめ知識 >
  3. お葬式 >
  4. 火葬場(収骨に立ち会うために)

火葬場(収骨に立ち会うために)

画像

火葬場へは遺族、親族、特に親しかった友人などが行きます。

葬儀から告別式に参加し、そのまま火葬場へということも多くなりましたが、できれば都合をつけ、火葬場へも行きたいものです。遺族にとっては肉体がお骨になるわけで、その落差に呆然とし、ふたたび大きな悲しみに包まれる方もいます。そんな時にひとりでも多くの悲しみを分かち合う人がいれば、どれだけ気も休まるでしょう。

役所に死亡届を出した時に交付される死体火葬許可証は必ず持参しましょう。これがないと遺体を火葬できません。

火葬の前に棺の窓を開けて最後のお別れをします。納めの儀式では僧侶の読経のなか、焼香をおこないます。棺がかまどの中に納められる時は合掌して見送ります。

遺体が荼毘にふされている間、控室などで待機します。

さて、火葬が終わりお窯からでてきた遺骨を骨壺に入れるとき、骨揚げをおこない参列者全員が手伝います。骨揚げは故人と関係の深かった順番に行います。係員の指示に従い、足のほうから順に骨壺の中で立つように拾っていき、最後にのど仏を拾います。木でできた専用の箸で二人が同じ骨を持つ習わしになっています。流れにしたがって故人のお骨を納めてあげましょう。正式には、男性が左から、女性が右からというように男女一組でひとつの骨をはさんで箸渡しにします。これはこの世からあの世への橋渡しという意味があります。

遺骨迎え

画像

葬儀を終えて、親族が火葬場へ行っている間に、留守番をしている者が後飾りの祭壇を準備します。

2段程の台の上に白い布をかけます。この台を中陰壇といい、これを仏壇の前か仏壇がない場合は部屋の北側か西側に置きます。

祭り方は、1段目中央に遺影、両側に花立てとローソク立て、遺影の前に香炉を置き、その右側に鈴を置きます。2段目は、中央に位牌と遺骨を置き、その両側にお供えを置きます。そして準備が整ったら灰葬回向を行います最近では、灰葬回向の後、親族がそろっているうちに、初七日の法要を行うこともあります。