浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

葬儀のあとしまつ

画像

事務引き継ぎ

精進落としが終わったら、遺族は葬儀の事務を世話役から引き継ぎます。

葬儀に関わったすべての会計や、弔問での香典や供物の明細などトラブルのないようにしておきます。

挨拶回り

葬儀の翌日から初七日までに謝礼かお礼の品を持参するのが良いでしょう。

近所の方、町内会役員、世話役、会社の方などには、喪主自身がお礼の挨拶に出かけましょう。

訪問できない方には、電話でお礼を述べてもよいでしよう。

葬儀直後の挨拶回りには、なるべく喪服を着用し、2~3日後の場合は、地味な平服で挨拶に伺うほうが自然です。また、挨拶がすんだら、なるべく早めに辞去しましよう。

香典返し

四十九日の忌明けあとに、通夜、葬儀に弔問に来てくださった方々、あるいは香典をいただいた方々に葬儀のお礼を兼ねた忌明けの挨拶状と、品物を送ります。これを香典返しと言います。

香典返しは一般的に半返しといわれ、いただいた香典の額の半分から三分の一ぐらいの額のものを贈ることが多いようですが、あくまで喪家から先様へ伝える気持ちの表れとして決定します。

最近ではこうした型通りの香典返しではなく、たとえば交通事故で故人が亡くなった時など、香典返しに当たる金額を交通遺児募金として寄付させていただきましたという旨の挨拶状が届いたりすることもあります。弔問いただいたお礼、香典をいただいたお礼ですから、送る側の気持ちが届くものであれば特に決まりがあるものではありませんので、どんなもの、どんな形でも良いでしょう。

諸手続き

遺書、遺言や保険、年金等の手続きも早めに済ましておきましょう。

その他

白紙で閉じてあった神棚は、忌明けに外し、忌明け後は、普通とおりにお参りをします。
葬儀後もしばらくは弔問客があります。また、遠隔地の方などから、香典が現金書留で送られてくることもあります。
子供さんの学校をやすませた場合には、欠席理由を記入した欠席届を持参させるようにしましょう。

年頭挨拶

喪中に新年を迎える場合は、祝事を避ける意味から年賀状はだしません。
年賀欠礼の挨拶は、先方へ12月初旬には到着するように発送します。
喪中に年賀状をいただいた場合は、松の内を過ぎてから寒中見舞いとして返書をだします。
喪家の家族は、新年の挨拶も控えます。