浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

『納骨』

画像

お墓にお骨を納める時期は、一般的に四九日(満中陰)の法要と併せて行うことが多く、これまでの期間は自宅の中陰壇に安置します。しかし、必ずしも四九日でなければならないわけではなく、地域によっては、火葬後、すぐにお墓に納める場合もあれば、初七日だけで、次は納骨ということもあり、また、初七日から四九日の間に、遺族で決めた日にお墓に納めることもあります。

葬儀のあとの法要や納骨については、よく菩提寺の和尚さんに相談するようにしてください。

お骨を納める場所と時期が決まったら、墓地で納骨(埋葬)法要を行います。まず、菩提寺の都合を聞いて、(霊園などにお墓がある場合は、霊園の管理事務所にも連絡)墓石を開ける手配をしておきます。そして四九日の法要を行い、墓地で納骨式を行います。納骨式はお墓の前で行い、墓石を開けてもらい、施主(遺族の代表者)が骨壺を納骨室に納めます。(地方によっては、骨壺より骨を出して納めます。)それから、墓石を閉めて、花、線香、ろうそくを供え、墓地に故人の供養のために卒塔婆を立てます。僧侶が読経を行い、参列者が順番に焼香をして、納骨式を終えます。


納骨法要で遺族が持参するもの

卒塔婆は前もって菩提寺に頼み書いておいてもらいましょう

お骨をお墓に納めるには、埋葬許可証がなければなりません。これを忘れると、埋葬(納骨)ができないので、無くさないように管理し、当日は必ず認印と共に持参しましょう。

画像

法要と納骨が終わったら、僧侶にお布施を渡します。また、葬儀後から後飾りの祭壇に安置しておいた白木の位牌は、四九日忌までのものなので納骨や四九日忌を過ぎたら、新たに仏壇に祀る黒い塗りの位牌をつくって、白木の位牌は菩提寺に納めましょう。納骨後は新しい位牌に入魂(開眼式)の読経をあげてもらい、仏壇に祀ります。

四九日の法要は、故人が亡くなったあとにあの世での運命が決まる日とされており、正式な忌明けにあたります。このため、法要の後には参加者全員で供養の意味で会食をすることが多く、これは自宅や菩提寺、霊園の近くの料亭やレストランなどで行えばよいでしょう。

会食の席では、施主はまず納骨を無事に終えたお礼を述べ、忌明けの挨拶も併せて行います。特に形式ばったことはいわなくてもよろしいが、参加してくれた人は皆、故人と深いかかわりのあった人なので、きちんと感謝の気持ちを述べましょう。


自然葬とは?

現在日本で行われている自然葬は、主に海に遺骨の灰を流すというものです。これもどこにでも流してよいというのではなく、ある程度決められた海域で、多くは船に乗って沖に出、そこで流します。流す遺骨の灰も、遺骨を数ミリの大きさに砕くという決まりがあります。しかし、自然葬については、まだ法律的な決まりがはっきりとしておらず、あくまでも良心的な範囲内で行うことになっています。

また自然葬では、お彼岸やお盆などのときに、お参りするお墓が無いということを認識しておきましょう。これは遺された家族が故人を偲ぶ時に非常に大きな問題となるからです。この点を十分に考慮してから、自然葬を行うかを決めることが望ましいといえましょう。