浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

  1. 浄土宗トップページ >
  2. 浄土宗について 仏事まめ知識 >
  3. お葬式 >
  4. 初七日から百か日まで(追善供養)

初七日から百か日まで(追善供養)

画像

浄土宗の念仏の教えでは、亡くなれば、すぐ浄土に往生し仏のみもとにいける、といわれていますが、仏教の民間信仰では、日本の仏教には中国から伝わった、死者を弔い祖先を大切にするという日本の良き伝統習慣が色濃く残っています。

死者は七日ごとにあの世で裁きを受け、この旅の最後に来世の生まれ変わり先が決まると考えられています。インドにおいては、四十九日の期間を過ぎると、輪廻転生して、生まれ変わると考えていました。七日ごとの裁判の日に法要を行うのは、故人の罪を消して裁判で良い結果を得るためだと考えられています。

よく初七日とか、三十五日、四十九日といいますが、この期間は残された遺族が亡き人への想いを深め故人よ幸福にと願い、また、惜別の寂しさを少しずつ和らげていくための大切な期間で、七日ごとに法要することになっています。

ですから浄土宗でも日本の良い伝統として、

一、亡き人の供養のために

一、親族のために

一、自らの信仰を深めるために

一、良き伝統のために追善供養を行っています。

残された遺族が亡き人への想いを深め故人 の幸福を願い、悔別の寂しさを少しずつ和らげていくための大切な期間として七日ごとに法要を行うことになっています。

初七日の法要は、葬儀に一区切りつけるという意味でも重要で、最近では葬儀の後に還骨回向とあわせて行われることも多くなりました。二七日、三七日、四七日は身内だけですませることが多いですが、五七日、七七日(四十九日)には親族が集まって法要を行います。四十九日に納骨をすることが多く、納骨法要も行います。納骨を終えると、お骨が家からお墓に移り一段落です。それまでの白木の位牌が塗りの位牌になり、お骨の代わりに仏壇にお位牌が一つふえることになります。また、通夜、葬儀弔問に来てくださった方、香典をいただいた方に香典返しをします。挨拶状を添えて香典返しの品を送りますが、香典を寄付した場合などは、弔問、香典のお礼の挨拶状だけを送ります。

四十九日の法要のあとは百ケ日の法要になります。儒教の「士は三カ月にして痛哭し卒わる」といいますが、仏教はこれを百という満数にして法事を行います。

→ 中陰表作成