浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

形見分け

画像

故人が生前に愛用していた持ち物を、記念として近親者や親しかった友人などに贈ることをいいます。今から2500年ほど前、お釈迦様は、遺品を売ってそのお金を等分に分けるように教えられたそうです。そして遺品を受け取るということは、亡き人の遺徳をしのび、生前の善行(ぜんぎょう)浄行(じょうぎょう) を学んでいくことにならなければ形見を分けてもらう資格はないとも言われたとか・・・・・その証拠に、お釈迦様は実の息子ラーフラさんに、形あるものを残されず、仏さまの教えだけをお残しになったのです。またお坊様は、お師匠様が亡くなると、生前愛用の衣を〔形見分け〕としていただきます。これは〔衣鉢をつぐ〕という言葉が示す通り、単に衣を遺品としてもらったということではなく、お師匠様の教えを継がせていただきましたという覚悟の表れであり、〔形見分け〕の意味をよく示しています。

本来は、死者の霊が宿ると考えられていた衣類だけを近親者に贈る習慣でしたが、最近では記念になる品物なら何でも贈るようになりました。しかし、故人の気持ちを考え、それぞれの人になるべくふさわしいものを贈るようにしたいものです。ふつう、目上の人には形見分けはしないことになっています。どなたに贈るにしても、形見分けは包装しないで、そのまま贈るのがしきたりです。腕時計や万年筆などの場合は、形やメーカーを示すことができますので、その品と故人とのエピソードなど伝えるとよいでしょう。贈る時期はとくに決まっていません。四十九日忌、百カ日忌の法要のときが多いようです。

画像

また、故人の遺志で香典や遺品の一部を公共のために寄贈することがあります。蔵書などを学校や図書館に寄贈したり、美術品や骨董品を美術館などに寄贈することは、たいへん意義あることです。このように、香典の一部を社会福祉のために寄付したときは、香典返しをしないこともあります。そのさい、会葬者全員にその旨を礼を尽くしてあいさつし、どこに寄付したのかを明確にすることです。