浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

年回法要

画像

百か日を過ぎると、一周忌、三回忌となります。一周忌は儒教の礼記「親亡して十三カ月の祀りを小祥、二十五カ月を大祥」ということに由来しています。

ちなみに数え方は亡くなった年を含んで数えますから、故人が亡くなってから、まる1年目にあたる命日が一周忌、翌翌年(2年目)が三回忌となります。

ここまでが中国の慣習を取り入れた形の年忌法要で、これから以降の年忌法要は日本で生まれたものです。まず年忌法要の年を並べてみましょう。表の通りですが、一般に三十三回忌が忌い上げ(とむらいあげ)といって戒名を過去帳にうつして、そのあとの法要は先祖と一緒にお盆などにまとめて行います。

年忌は亡くなった人のための追善回向のためです。回向とは言葉通り、「回し向ける」ことで法要の中で読んだお経や念仏の功徳を亡き人のために差し向けることです。それによって、亡き人も残った人もともに阿弥陀さまの光明の中にお守りいただく、お導きいただくことになるのです。

(※この法要も地方差、地域差がありますので、菩提寺に確認しましょう)

画像

命日と祥月命日

命日(めいにち) とは命終の忌日を略したものです。毎月一回は命日があるわけで、月忌(がっき) ともいい故人の命日と同じ日に毎月行います。

祥月命日(しょうつきめいにち) は亡くなった月日が同じ命日のことです、ですから年に一回ということになります。

この命日、祥月命日には故人を偲び追慕の念を新たにし、また自分自身の「来し方行く末」を考える良い機会です。菩提寺の住職を招き読経ご回向していただくこともありますが、家族で好物や花を供えて供養します。