浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

法事の心得

画像

せっかく何らかの法事をつとめながら、集まった縁者や知人は、久々に互いに遇う機会なのですから、それぞれに語りあいたいことは、限りなくあるにちがいありません。

ややもすれば、その法事が盛大であればあるほど、そうした話しあいがはずむでありましょう。故人を偲んでのそうした話しあいもたしかに一つのご供養(くよう)にちがいありません。

せっかくご住職を迎えて、お仏壇に灯火がつき、お香が献ぜられて読経(どきょう) がはじまりましても、延々その話しあいがつきることなく、ますますたけなわとなり、ご住職だけが読経していて、いつのまにか終わったというようなことが、はたして皆無といえるのでしょうか。

せめてわずかな読経時間中は、正座して(えり)をただし合掌して、追善供養の回向の心を捧げたいものです。それでこそ案内をいただいて法事にお参りした甲斐があるのであります。

決して懇親や宴会のためではなく、心から法事のためにお参りしたという回向の心である、とのけじめを明確にしなければならないことを、あえて付言いたしておきます。