浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

遺体の安置と枕飾り

画像

遺体はすぐには納棺せず、仏間か座敷に北枕に安置します。

北枕にするのは、釈迦が入滅のときに頭を北に向けておられたことによります。

このとき、遺体の顔には白い布をかけ、手は合掌させ、数珠をかけます。

遺体に掛けられた布団の上には故人が髪を剃って仏門に入ったしるしに刃が足のほうを向くように刃物をのせておきます。

またこの刃物は魔除けの意味もあるといいます。

枕机には、燭台、香炉、花瓶、水、仏前飯、枕だんごを供えます。

燭台のろうそくの火と、香炉の線香は一晩中絶やさないようにします。

画像