浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

弔問するときの服装

画像

通夜・葬儀を行うことにくらべると、親戚や知人の通夜・葬儀に会葬者として弔問に行くことのほうが、多いものです。そうした場合に覚えておきたいマナーとはどういったものでしょうか

突然の訃報にあわててすぐさま駆けつける場合、そうしたときには腕の喪章を巻けば平服でもかまいませんが、そぐわない派手な服装は避けた方がよいでしょう。

知らせを聞いて、翌日に弔問するとか、時間のあるときは礼服もしくはそれに準じた服装が望ましいでしょう。

遺族ではないので正喪服を着る必要はありません。

画像

男性は黒かグレーのダークスーツ。ネクタイ、靴下、靴は黒です。ネクタイピンはしないこと。カフスは銀や真珠のものを使用し、ハンカチも柄物は避けます。

女性は黒、グレー、濃紺の地味なワンピースやスーツで、シンプルなものです。バッグや靴は黒で飾りや留め金のないものにします。アクセサリーは、指輪は結婚指輪以外ははずし、イヤリング、ピアス、ネックレスも基本的にはしません。もしする場合は真珠か光らない黒石にします。髪止めも、目立たない地味なものにします。お化粧はひかえめにし、マニキュアも落とします。雨の日の傘の色にも注意したいものです。


持ち物

数珠、そして輪袈裟があれば良いでしょう。それに白いハンカチも用意したいものです。

→ 通夜の遺族側の服装