浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

年回法要

画像

戒名(法号)

戒名をどうしたらいいか、戒名についてのことは意外とわからないことがあります。先祖の戒名との関係であるとか。ここではこの戒名についてお話しいたしましょう。

戒名(法号)は授かるもの

戒名とは、戒律のある宗派で戒律を受け、仏の弟子になることで授与される名前をいいます。仏の教え、戒めに従うことを約束することで授けられるものなのです。ですから、本来は死後につけてもらうものではありません。生前に五重相伝授戒会を受けることなど、いただく名前のことなのです。

さて、皆さんが戒名と聞いて思い浮かべる名前は、おそらく正式には法号と呼び、戒名を含んだ名前のことでしょう。というのもたとえば、

画像

と言う名前のなかで戒名と言われるのは信士の直前の二文字だけです。そしてそれ以外は、一番後ろについている文字が位号で、

居士
禅定門
信士
大姉
禅定尼
信女 など

また子供につける位号が、

童子
嬰児
孩女
水子 など

があり本人の年齢や性別、法号全体のバランスに合わせてつけられる名前です。

またその他に、誉号といって、○誉とし、字の通り、ほまれたたえて念仏の篤信者に授与するものや、院号といって、本来、堂宇を寄進するなどの物心両面にわたる貢献をした信心深い者に授与される称号などが、つけられることがあります。

戒名は、仏の弟子になることで、お寺からいだだけるものです。檀信徒のみなさんにはこうした戒名、法号の意味を十二分に理解してしていただき、自分なりの戒名、法号を授かれるよう、さらに信仰心を深めたいものです。