浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

お位牌

画像

お位牌について

古いお位牌をどうしたらいいか、お位牌についてのことは意外とわからないことがあります。白木のお位牌を黒塗りのお位牌に変える時期だとか。ここではこのお位牌についてお話しいたしましょう。

仏具のところで、お位牌のことについて述べました。仏壇のなかの主役が本尊さま、そして準主役がお位牌です、と。

そうです、お位牌はとても大切なものです。

仏壇にある黒塗りのお位牌は、枕経もしくは通夜の時に菩提寺の住職からつけていただいた戒名を書いた白木のお位牌にとって代わったものです。そしてこのお位牌は黒塗りになる時に開眼の供養をしていただき、仏壇の中に納められます。


白木のお位牌について

白木のお位牌ですが、枕経もしくは通夜の際、授かった戒名が白木お位牌に書かれます。納骨とともに開眼された黒塗りのお位牌に代わるまで、故人のお骨とともに残されます。書く本数やその書き方には地方や地域によってことなりますが、一般的なこととして、真ん中に戒名が、そしてその向かって右側に亡くなった日を、向かって左側には俗名と亡くなられた時の年齢を書くことが多いようです。

また白木のお位牌は枕経をあげるときから必要となりますので、菩提寺の住職や葬儀社にお願いするのが良いでしょう。また黒塗りのお位牌に代わったあとは菩提寺に持参して浄焚(じょうぼん) (燃やすこと)してもらいましょう。

この白木のお位牌は納骨とともに黒塗りのお位牌に代えます。その際黒塗りのお位牌は、住職に開眼の供養をしていだだき仏壇の中に納め、白木のお位牌はその後菩提寺に持参して浄梵(じょうぼん) してもらいます。