浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

喪主とは・・・

画像

喪主は遺族の代表となる大切な役目です。一般的には故人の配偶者か、その成人した 子供がなります。配偶者が高齢の場合は、子供が務めることが多く、結婚して嫁いだ娘 が一番近い遺族のときは、その配偶者が喪主を務めます。

喪主を決めたら、故人の親しい友人や知人、また会社の関係者などのなかから、葬儀 委員長と世話役を決めます。世話役は遺族に代わって、葬儀の実務を務める役目なので、 経験のある人にお願いするほうが無難です。誰にするかを決めたら、電話などで会葬通 知の連絡をするとき、葬儀委員長や世話役を引き受けてほしい旨を告げておきます。

地域によりますが、最近では通夜に会葬者がたくさん見えることがおおくなり、喪主 や家族、親族が僧侶の読経中にも会葬者への挨拶で忙しく、とても故人の冥福を一心に 願う余裕さえなくなってきています。こうしたことは社会環境の変化や、人々の死者に 対する意識の変化、通夜、葬儀式の儀礼化など、いろいろなことによるものですが、本 来の意味を忘れる事なく臨みたいものです。そのためにも常々から菩提寺の住職や寺庭 婦人(お寺の奥さま)とのコミュニケーションをとり、いざという時にあわてないよう にしたいものです。