浄土宗について


関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 浄土宗報恩明紹介
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

餓鬼

か 餓鬼(がき)

「あの子は餓鬼大将だ」

「まだ餓鬼のくせして、生意気な奴だ」

画像

などと、もっぱらいたずら盛りの子どもたちをののしっていう場合に、「餓鬼」を使う。

しかし、元来「餓鬼」というのは、生前の罪のむくいで、餓鬼道におちた亡者のことである。餓鬼道とは、仏教で説く六道、あるいは三悪道の一つで、ここにおちた者は、不浄のところにおり、常に飢えと渇きに苦しむ。しきりに水や食物を欲しがるが、腹ばかりふくれあがり、のどは針のように細く、物を飲み食いしようとするたびに、その水や食物は濃い血膿や炎と化してのどに通らない。まことに悲惨きわまる、やせひからびた姿として描かれることが多い。

画像

餓鬼には「無財餓鬼」と「有財餓鬼」との区別がある。前者は常に物を欲しがる類であるが、後者はあり余るほど豊かな金品に恵まれながら、けちんぼで一層欲心をつのらせ、そのためにかえって苦しむ類である。前述のように、子どもを「餓鬼」と呼ぶのは、無財餓鬼の性格から来たものであろう。

お寺で行われる法会の一つに「施餓鬼会」というのがあるが、これは、飢えに苦しむ生類や弔う者もいない死者の霊に、飲食物を施し供養するためのものである。

※これらは、「えっ、これが仏教語?ー日常生活の中の仏教語ー宝田正道著」から引用していますが、HP掲載用文章に変更しております。