行事案内


特集

  • お手紙募集
  • 災害復興
  • 今月の言葉
  • 浄土宗の法話
  • こころと命の電話相談室
  • 浄土宗新聞Facebook

関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

仏名会(ぶつみょうえ)(12月中)

この「仏名会は、毎年歳末に多くの仏さまや菩薩の名をとなえて、さまざまな罪や 知らず知らずのうちに作ってしまった罪などを 懺悔 (さんげ) し、身も心もきれいに なるよう祈念する法要のことです。

この「仏名会」は北インド出身の僧・菩提流支(ぼだいるし=?~527)によっ て翻訳された『仏名経』によって行われています。『仏名経』には、「およそ1万3 000もの仏・菩薩の名が列挙され、「もしここにある名を読み上げれば、平穏な 日々を過ごせ、諸難から離れ、諸罪が消え、将来、悟りが得られる」と説かれてあり ます。

初めて「仏名会」が行われたのは、宝亀5(774)年に光仁天皇の宮中でのこ と。承和2(835)年の仁明天皇が行って以降、宮中での恒例儀式となりました。 その後、各地に広まり、寺院などで勤められるようになりました。

浄土宗で行われる「仏名会」は、12月中に日を決め、3日ないし1日、過去・現 在・未来の三世の諸仏三千のみ名を称え、南無阿弥陀仏のお念仏をとなえ、 礼拝 (ら いはい) して、罪深い自分自身を 懺悔 (さんげ) する法要になっています。しかし、 総本山知恩院では、故事にならい、3000仏画像を掲げ、『三千仏名経』をとなえ て法要を行っています。