行事案内


特集

  • お手紙募集
  • 災害復興
  • 今月の言葉
  • 浄土宗の法話
  • こころと命の電話相談室
  • 浄土宗新聞Facebook

関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

御忌会 (1月25日) (報恩と感謝のお念仏を)

宗祖法然上人 (しゅうそほうねんしょうにん) は、 建暦 (けんりゃく) 2年(1212)1月25日、御歳80歳、京都・東山の吉水、現在の総本山知恩院の地でお亡くなりになられました。そのご命日に、上人のご 遺徳 (いとく) (しの) び、ご遺訓の『一枚起請文』を声高らかに拝読し、営まれる 法会 (ほうえ) 御忌会 (ぎょきえ) と言います。

もともとこの「 御忌 (ぎょき) 」という言葉は、天皇や皇后の 忌日(きじつ) 法会 (ほうえ) のことでしたが、、大永4年(1524)、 後柏原 (ごかしわばら) 天皇が知恩院第25世 超誉存牛(ちょうよそんぎゅう) 上人に「 知恩院 (ちおんいん) は、浄土宗の根本道場であり、宗祖入滅の霊跡であるから、毎年7日間、ここで御忌を勤めよ」という「大永の御忌 鳳詔 (ほうしょう) 」を出したことから、以来、法然上人の忌日法要を特に「御忌」と呼ぶようになりました。

知恩院では古来、1月25日に御忌が勤められてきましたが、明治10年から4月に変更され、今日では1月25日のご命日法要に加え4月19日から25日まで全国から多くの参詣者を集め盛大な御忌を営んでいます。そして、ほかの大本山や全国の浄土宗寺院でも、これにならって春に行うところが多くなりました。ちなみに「御忌」は、多くの参詣者を集める行事として春の季語にもなっています。

法然上人のご生涯は、み仏の限りない 慈悲 (じひ) の光のなかに生かされ、限りない 生命 (いのち) の歓びをかみしめるために、ただ、「 南無阿弥陀仏 (なむあみだぶつ) 」を称えよ、とわたしたちにお勧めくださったことにつきます。そしてそのおおらかなお念仏のみ教えは、今、わたしたちに、生きる勇気と歓びを与えてくれます。

御忌のこころは、 求道研鑚 (ぐどうけんさん) の日々を送り、念仏信仰をあまねく広めた上人のお徳を偲び、感謝の気持ちをささげること。もちろんそれには、「南無阿弥陀仏」のお念仏をおとなえすることが大切です。ぜひ、参詣され、御忌会に際して大いに上人のご遺徳を偲び、報恩と感謝のお念仏をとなえましょう。