浄土宗について



特集

  • お手紙募集
  • 災害復興
  • 今月の言葉
  • 浄土宗の法話
  • こころと命の電話相談室
  • 浄土宗新聞Facebook

関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

念仏の意味

念仏とは仏を念ずることであり、その念には次の三つの義がある。

一、 第一には、およそ経典に出てくる念仏の多くは仏を憶念することを 意味します。とくに古い経典にでてくる三念、五念、十念などはこれに属します。
   
一、 第二には、仏の相好等を見ることで見仏、観仏、観念といいます。
   
一、 第三には、仏の名を (とな) えること即ち称名で、浄土宗でお念仏という場合は、この阿弥陀仏の名号を口に (とな) えることと、法然上人はその著『選択本願念仏集』にお示しになっています。