亡き人をしのぶ

浄土宗トップページ > 亡き人をしのぶ

今は亡き、あなたにとってかけがえのない「あの方」を想う――。
生前にいただいた縁(えにし)とご恩に感謝の気持ちを伝え、
自らの心に「あの方」の面影を刻み、生きてゆく――。
故人を尊び、しのぶことは、実はそのまま「自分のいのち」と向き合うことになります。
お葬儀を、ご法事(年忌法要)、そしてお盆やお彼岸など、
先祖をしのぶ儀式・作法の意義を、今だからこそ、あらためて考えてみましょう。

  • お葬式を考える
  • 年回法要を勤めましょう
  • ご先祖さまの里がえり――お盆
  • 極楽に思いをはせる――お彼岸
  • お施餓鬼

ページのトップへ戻る