浄土宗の活動


特集

  • お手紙募集
  • 災害復興
  • 今月の言葉
  • 浄土宗の法話
  • こころと命の電話相談室
  • 浄土宗新聞Facebook

関係団体リンク

  • 浄土宗ネットワーク
  • 浄土宗出版
  • 浄土宗総合研究所
  • 公益財団法人浄土宗ともいき財団
  • 浄土宗教学院
  • 全国浄土宗青年会
  • 浄土宗スカウト連合協議会
  • 法然上人をたたえる会
  • 浄土宗平和協会
  • その他 関係団体
  • その他 関係団体

  1. 浄土宗トップページ >
  2. 浄土宗の活動 浄土宗の声明 >
  3. クローン人間誕生に対する浄土宗の声明

クローン人間誕生に対する浄土宗の声明

12月27日、本拠をスイスに置く宗教団体ラエリアン・ムーブメントの化学者がクローン人間づくりによって女児が26日に誕生したと発表した。そして、今後さらに4人のクローン人間の誕生が予定されているとともに新たに20数人の希望者がいると。

その真偽は別として、クローン人間とは、一口で言えば、細胞核を提供した人間の“コピー人間”である。
浄土宗はこのような生命を弄ぶとも言えるクローン人間づくりは決して認めることはできない。このような行為は、人間の思いあがり以外のなにものでもなく、大いなる「いのち」そのものへの冒涜といえよう。

生命の誕生は、すべての生物に与えられた神秘なものであり、冒してはならないものである。それを人間の手によって、人間の“コピー人間”をつくるという行為は、生命の軽視をもたらすだけではなく、まさに、コピーしたい人間をいくらでも再生産するということに直結し、それはまた、人間の優劣・差別、支配・被支配につながるとともに、奴隷人間の生産という修羅道への転落を予告するものである。

浄土宗は、すでにクローン人間づくりを禁止している日本政府に、今後このような生命を弄ぶともいえる、クローン人間づくりを禁止すべく、国際機関に早急なる法規制実現の働きかけを切望する。

平成14年12月31日
浄土宗

浄土宗ニュース

→ 「クローン人間誕生に対する浄土宗の声明」を表明