浄土宗トップページ > NHKニュース「おはよう日本」でのペット遺骨埋葬特集でのNHKによる表現について

NHKニュース「おはよう日本」でのペット遺骨埋葬特集でのNHKによる表現について

 浄土宗では、7月5日(金)に当ホームページにおいて、「NHK朝の番組にて浄土宗総合研究所研究員の映像が放映予定」と題し、7月8日(月)のNHKニュース「おはよう日本」にて、ペット遺骨埋葬についての特集が放送されることを告知いたしました。
 これは、ペットの遺骨を人間(飼い主)の墓に埋蔵することを望む声が多くあることを背景に、NHKが浄土宗総合研究所等に取材を行い制作されたものです。内容としては、浄土宗内でペット供養についての議論がなされていることを前提に、取材を受けた研究員の自説や、ペット供養を積極的に受け容れている寺院の紹介などで構成されておりました。

そのなか、NHK側の表現として、
「浄土宗では今後、ペットを同じ墓に入れたいという問い合わせがあった場合、仏の教えに反することはない、と答える方針です」

とのアナウンスと字幕が流れましたが、取材を受けた研究員はNHKに対しそうした回答はしておらず、本宗としても、ペットの遺骨を人間と同じ墓に埋葬することについて、統一した見解は出しておりません。

浄土宗

ページのトップへ戻る