浄土宗とは? ~ 吉水流詠唱

吉水流詠唱とは、浄土宗の制定した詠歌、和讃及び舞をいいます。

1、詠歌

詠歌は、ほとんど法然上人の御作をお唱えしていますが、お念仏の教えを説かれ、導かれた高僧のお歌もお唱えしています。

2、和讃

和讃は、浄土宗の年中行事、たとえば御忌、両彼岸、十夜法要を中心に、行事の意味をあきらかにし、法要に参加するために作詩されています。そしてまた、このほかに昔から伝えられ、使われている念仏への導き、あるいは念仏を讃えた古い和讃、黒谷和讃・来迎和讃・いろは和讃等を用いています。

3、舞

舞は、洋舞、日本舞があります。どれもお歌の心を動作の上に表現して、自分自身が身体全体を通じて仏を賛美し、供養する喜びを表すのです。

吉水講

1、総裁

浄土門主 伊藤唯眞猊下

2、総本部・教区本部・寺院支部

吉水講には、総本山知恩院吉水講、大本山増上寺吉水講、大本山善導寺吉水講の三総本部があります。また教区には教区本部があり、寺院には寺院支部があります。

3、吉水講信条

私達は浄土宗吉水流の詠歌和讃及び舞を研修すると共に、念仏信仰を確立し、次の五ヶ条の内容を成し遂げる様に、力を合わせ努力致します。

吉水講信条

私たちはこの詠唱を通じ

  • 一、(あつ)く三宝を敬い、仏祖の恩徳に報います。
  • 一、元祖法然上人の教えを体し、この道の興隆に励みます。
  • 一、互いに助けあい、念仏をよろこびます。
  • 一、自らのつとめにいそしみ、家庭の平和を念じます。
  • 一、広く同信を募り、社会の浄化につとめます。

→ 吉水流詠唱を体験してみましょう

ページのトップへ戻る