主な行事・法要 ~ 結婚式

Buddhist Wedding(仏前結婚式)

統計によると、日本の結婚式のほとんどは教会式と神前式であって、仏前結婚式は1%程度でしかありません。仏式の結婚の特徴は“縁”を大切にすること、“縁”に感謝すること、そしてその“縁”を社会に還元することを誓うことです。「縁談が整う」という言葉も「因縁」という仏教用語に由来しているのです。

芸能人や有名人の結婚披露宴がテレビで放送され、視聴率も確実に2ケタ以上を記録した時代は一昔前のはなしになり、最近の流行は『じみ婚』といわれています。

ところが、現場では結婚式にかかわっている方によると面白い現象があるようです。

「じみ傾向ですが、かけるところにはかける『本物指向の傾向』も少なくありません」

「たしかにじみ婚になってきています。しかし、それは披露宴であって、逆に結婚式については、もっと盛大にしたいという人が増えています。」

たしかに東京都内の有名な教会では、予約受付日には徹夜組を含め百人以上が並ぶといいますし、 海外で結婚式を挙げる人も年々増えています。これらの現象は『いいもの』は大切にするという本物指向の風潮ではないでしょうか。

浄土宗と結婚式

このような結婚式の傾向とともに、一方では仏式の結婚式への関心が高まっているようです。
日本での今日のような結婚式の形態ができたのは明治になってからです。

仏式結婚式の始まりは明治12年の記録もありますが、一般的に明治20年に立正安国会(現国柱会) の創設者である田中智学が、誓諭朗読・指輪交換などを盛り込んで行われた結婚式といわれています。
明治30年に東京日比谷大神宮で神前式の結婚式。
また、明治35年5月に曹洞宗萬隆寺住職来間啄道が、浄土宗東京教区北部組保元寺里見さと子と数珠授与を採用した仏式結婚式が行われ、仏教会における仏式結婚式に大きな影響を与えました。
同年8月には東京教区北部正億院善応寺住職藤田良信が浄土宗の僧侶として初めて仏式結婚式を挙げて、浄土宗能化の仏式結婚式の基礎を示しています。 その後明治40年に大本山増上寺で浄土宗檀信徒初の仏式結婚式が行われ、大正11年には三三九度や親族固めの杯を取り入れた結婚式の差定を『浄土宗法式精要』で発表されました。

昭和3年には浄土宗法式条例更生に伴い法要式典に結婚式が加わり、現在の仏式結婚のメインの一つ『行華(あんげ)』が、行華焼香として登場しました。 このように百年以上にわたる仏式結婚の歴史は神前の結婚式とあまり変わりません。

行華(あんげ)とは?

仏式の結婚式は、導師(戒師)と呼ばれる式を司る僧侶の前で行われます。後にお釈迦さまに生まれかわった青年とある少女の物語から、7本の花のうちから、男性は女性から贈られた5本、女性はのこりの2本の花を仏前に捧げ、結婚の証しとします。これを行華(あんげ)といい、浄土宗の結婚式の特色です。行華(あんげ)にはなかなかロマンチックな由来があります。とても素敵なお釈迦さまの前世の物語です。

燃灯仏という仏さまがこの世にお出ましになり説法されている時、ある国の王様が、仏さまにお花を供養すればその功徳が大きいと聞いて、国中の花をお城に集めるようおふれを出しました。

その国の1人の青年、雲童子(雲は、恵み・豊かさをイメージする言葉です)もまた仏さまに花をささげようと思いましたが、国王が1人占めしているため、いくら探してもありません。それでも何とか花が欲しいと思っていたところ、仏さまに供養しようと7本の花を隠すように持っていた少女に出会います。賢者という名のその少女に、全財産と引き換えに5本だけでいいから譲ってと何度も懇願します。

なぜそうまでしてと不思議に思う少女に、青年は仏さまに供養することのすばらしさを話します。それによって仏道を成就して、多くの人々のためになりたいからだというのです。その、外面も内面も、きりりとしてはつらつとした青年の姿を見て、少女は心を決めます。そして、二人は仏さまのもとにおもむき、青年はその5本を、少女は残りの2本をささげたのです。

この青年と少女はのちに、夫婦となり、互いに助け助けられつつ、立派な人生をおくったといわれています。この雲童子こそ、お釈迦さまの前世であり、賢者という少女は、お釈迦さまのお妃であるヤショダラ姫の前世であったということが説かれています。

このような故事にあやかり、仏教徒は新郎は5本、新婦は2本の花を仏さまにささげて結婚の証とするのです。

仏式結婚式の手応え

東京プリンスホテルは、行華の由来を載せたパンフレットやブライダルフェアでの仏式婚礼コーナー解説など、仏式婚礼に力を注いでおります。徐々に認識も上がっており、仏式婚礼の手応えを感じております。
(東京プリンスホテル)

本物志向の傾向

本紙の調べですと、仏結婚式を挙げられる人は約1%。神式と仏式の区別のつかない人も大勢います。しかしホテルの式場でなく海外や教会のチャペルとかでやりたいという人が増え、まちがいなく本物志向の傾向にあります。
(結婚情報誌『ゼクシィ』編集部)

日本独自のスタイルとして注目

本紙の調べですと、仏結婚式を挙げられる人は約1%。神式と仏式の区別のつかない人も大勢います。しかしホテルの式場でなく海外や教会のチャペルとかでやりたいという人が増え、まちがいなく本物志向の傾向にあります。
(ヒルトン広報部)

浄土宗の法要

1月1日 修正会 正月に修する法要
1月第2月曜日 成人式
1月25日 御忌会 宗祖・法然上人の亡くなった忌日、お徳をたたえる法要(4月に行うところが多い)
2月15日 涅槃会 お釈迦さまが亡くなった忌日
2月27日 勅諡記念法要
2月29日
(平年は2月28日)
鎮西忌 2月29日、平年は2月28日 浄土宗の二祖・鎮西聖光上人の法要
3月14日 善導忌 法然上人が師と仰がれた高祖・善導大師の法要
春分の日前後 春季彼岸会 極楽へのあこがれを起こす日
4月7日 宗祖降誕会 法然上人のお誕生法要
4月8日 灌仏会(花まつり) お釈迦さまの誕生会
7月6日 記主忌 浄土宗の三祖・記主良忠上人の法要
5月~9月 施餓鬼会 先亡を供養する法要
7・8月13日~16日 盂蘭盆会 ご先祖さまをおまつりする日
秋分の日前後 秋季彼岸会 極楽へのあこがれを起こす日
10月・11月 十夜法要 南無阿弥陀仏のみ名を称えて善根を積む法要
12月8日 成道会(おさとりの日) お釈迦さまのおさとりの記念日
12月 仏名会 南無阿弥陀仏のみ名を称えて反省する法要
12月31日 除夜

その他の法要

ページのトップへ戻る