浄土宗トップページ > 日常の中の浄土宗 > 仏教まめ知識 > 2年目なのになぜ三回忌?

仏事まめ知識 ~ 2年目なのになぜ三回忌?

中陰(ちゅういん)や年忌(ねんき)等の法要についてよく檀信徒の皆様より質問されます。これらの法要は地域や宗派によって少しずつ違いがありますが、ここでは年忌法要の成り立ちと目的について少し説明したいと思います。

インドでは、人間が生まれ変わり死に変わりするという「輪廻転生(りんねてんしょう) 」が信じられてきました。死後、次の生をうけるまで四十九日間あるとされ、この間を「中陰(ちゅういん) 」あるいは「中有(ちゅうう) 」といいます。その間、遺族は7日ごとに供養をして、死者が少しでも良いところに生まれ変われるように願うのです。このことから、日本では、初七日より七七日(四十九日、満中陰(まんちゅういん) )までがつとめられるようになったと考えられます。

中国では、儒教の『礼記(らいき) 』に「卒哭忌(そつこくき) 」(士は三ケ月にして痛哭し卒わる)という行事があり、仏教ではこれをとりいれ、百という満数にして百ケ日の法要を行うようになったと考えられます。さらに『礼記』に 小祥忌(しょうじょうき) 」「大祥忌(だいじょうき) 」(親亡くして十三ケ月、二十五ケ月の祀(まつ) り)があります。これらが仏教の一周忌、三回忌となったと考えられます。なお、一周忌は人がなくなって丸1年をまわった日をいい(一回忌とはいいません)、丸2年をまわった日を三回忌といいます。これは、亡くなった日が1回目の忌日、丸1年目が2回目の忌日、丸2年目が3回目の忌日であることによります。

三回忌までの法要はインド、中国の習慣を取り入れたもので、それ以降の年忌法要は日本で生まれたものです。七回忌以降の年忌の数え方として色々な説がありますが、そのうちの2つを紹介します。

1つ目は、中陰の7という数字による説です。つまり七、十七、二十七、三十七回忌を行い、これらの年を含めて7年目に営む法要を十三、二十三、三十三回忌といいます。

2つ目は、十二支による説です。亡くなった年の干支を含めて十二支が半周回った翌年を七回忌といい、十二支が1回まわって2回目にあたる年を十三回忌、2回まわって3回目を二十五回忌、3回まわって4回目を三十七回忌といいます。

いずれにしても、年忌の根拠は仏教、儒教、それにわが国の習俗も加わって歴史的に成立したもので、鎌倉、室町 時代には今のような年忌法要が営まれるに至ったのです。なお、現在私たちが行っている年忌法要は、かならずしも命日(亡くなった日)に営むとはかぎらず、法要にかかわる方々に都合のよい日を選んで営んでいます。

日本の仏教には、死者を弔 い祖先を大切にするという良い習慣があります。ですから浄土宗でもそれを受け継ぎ、法要を行っています。法要は亡くなった人への追善回向(ついぜんえこう) のためです。追善回向とは言葉通り、「回し向ける」ことで法要の中で読んだお経やお念仏の功徳を亡き人のために差し向けることです。さらには、自分が生きている事実について深く考え、そして、自分を生かしてくれている不思議なちからの存在に気づくためです。それによって、亡き人も残った人も阿弥陀様のお光の中にお護りいただき、回向し合って生きてゆくのです。

年忌にかぎらず常日頃より心からお念仏をとなえ、感謝の心を仏様とご先祖様に手向けることが最も尊い、そして大切なことなのです。

ページのトップへ戻る