ほとけさま と

目の前に、ほとけさまの前で跪き、合掌することもなく、物思いに耽る女性がいます。彼女は、核家族、共働きで3人の子どもを育て

「ママだいすき!」のチカラ

緊急事態宣言の解除から2か月。感染防止に気遣いながら社会は動き出し、子どもたちにも学校のある毎日が戻ってきました。

牛乳パックの小さなイス

「いいなぁ、みんなマスクもしないで、仲良さそうで」梅雨も明けて、ギラギラと元気な太陽が顔を出し始めました。信州の木々は

わたしという物語

地元の野菜や加工品が集まる販売所、いわゆる「産直」が好きです。家の近くはもちろん、遠出しても産直市場があると必ず寄って

アゲハの教え

蒸し暑い日の夕刻でした。ポタッ、ポタッと雨音がしたと思ったら、ものの数秒のうちに前も見えなくなるような激しい夕立となりました

おだやかに きよらかに

ウイルスと共存して生きていく、新しい生活様式が望まれるようになりました。生活の場を清める習慣がつくことは、とても良いことと思

わが身にひきくらべて

インターネットで次のような記事を読みました。「コロナよりも怖いのは人間だった。ドラッグストアの店員が語る恐怖の体験」

備忘録

中学生の時、QUEENというイギリスのロックバンドに夢中になりました。お小遣いをはたいて購入したベスト盤のCDとVHSビデオ

私たちの価値

娘が生まれて4年が経ちました。まだまだ可愛い盛りですが、子どもを育てる楽しさと難しさを日々感じています。みんなにあいさつで

目的のない旅

あぁ、疲れた。すべてを忘れたい――そんなとき、常々、私は一人で旅に出ていました。それが些細な1泊2日の旅行だったとしても、もし

思いがけない贈り物

猛暑とマスク着用の特別な夏を終えて、秋の深まりを日々感じています。5年ほど前に始めた寺でのイベントの準備で、ここ数年10月は

みんなだれもが子どもだった

これまでと異なる生活様式が求められる社会になりつつありますね。したいことを我慢していると、普段通りに生活できないもどかしさが