浄土宗の活動 ~ 人権を守ろう

浄土宗21世紀人権アピール

あなたとわたし ちがうからステキ
出会えてよかった
あなたのいのち わたしのいのち

わたしたちは、顔がちがうようにそれぞれ個性豊かな人間です。一人ひとりのちがう個性をお互いに認めあい、人格を尊重しあうことがとても大切です。ところが、自由・平等をとなえながら、一方では自分本位な言動でひとをバカにしたり、仲間はずれにしたり、いじめたりすることがあります。これはひとの尊厳を傷つけ、幸せをじゃまする差別行為であり、許されることではありません。わたしたちは、このような愚かさを率直に見つめ、法然上人のお念仏の心を生かし、明るく正しく仲良く生きていくことをここに堅く誓います。

2001年12月10日
浄土宗

浄土宗人権センターについて

宗祖法然上人の万人平等救済のみ教えに基づき、部落差別をはじめとするあらゆる差別の解消に寄与することを目的に、平成28年度より浄土宗人権センターを開設しました。
今般の機構改革により、従前宗務機関の一部署であった人権同和室の事務を含む、人権センターの所掌事項及び運営に関する事項については、浄土宗人権センターで事務を行うこととなりました。
今後は浄土宗人権センターを拠点とし、今まで同様、浄土宗における人権啓発組織発足の経緯を踏まえ、宗祖のみ教えに基づいた、宗内の人権問題や、現状の人権に関する社会問題等に取り組んでまいります。

お問い合わせ先

浄土宗人権センター

〒605-0062  京都市東山区林下町416 浄土宗教化研修会館内
TEL:075-744-0360

メールフォームからのお問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る