浄土宗の活動 ~ 浄土宗人権センター

浄土宗人権センター

宗祖法然上人の万人平等救済のみ教えに基づき、部落差別をはじめとするあらゆる差別の解消に寄与することを目的に、平成28年度より浄土宗人権センターを設置しました。

人権センターニュース

人権センター図書を準備中

人権センター図書を準備中

部員による研究所書籍の選定作業

昨年の12月から人権センターに所蔵する図書の整理を本格的に開始しました。今年1月までに、人権同和室に所蔵していた書籍を搬入。また、このたび人権研究所さまより啓発書籍を寄贈していただくことになり、昨年11月より人権センター部員による選定および搬入作業をおこないおよそ800冊の資料となりました。
また各方面からの資料も準備中です。

教師研修会における人権学習 開講

教師研修会における人権学習 開講

人権センター部員による人権研修会佐々木師

平成28年度より、教師研修会が開催されることになり、人権学習が組み込まれております。

今年度は、人権センター副センター長である佐々木理信師とセンター部員八橋秀法師による計90分の講義がおこなわれました。
まず、八橋師より同和問題における基礎的な内容の講義をいただきながら、浄土宗の同和問題が問題について説明いただき、つづいて、後半は、佐々木師より、実際にお寺において、過去帳開示問題などがなぜ、いけないかを様々な事例を紹介いただきながら解説いたします。

人権同和に関するお問い合わせ先

浄土宗人権同和室

〒605-0062  京都市東山区林下町400-8
TEL:075-525-0484(直通)/FAX:075-531-5105

浄土宗人権センター

〒605-0062  京都市東山区林下町416 浄土宗教化研修会館内

ページのトップへ戻る