浄土宗トップページ > 浄土門主伊藤唯眞猊下からのお言葉

総本山知恩院御影堂みえいどう落慶らっけい御遷座ごせんざ法要ほうよう 伊藤いとう唯眞ゆいしん猊下げいかによる御垂示

粛然しゅくぜんと念仏に生きる

令和2年4月13日、御影堂みえいどう落慶らっけいにあたり、元祖がんそ法然ほうねん上人しょうにん御影像みえいぞう
お遷しする「国宝こくほう御影堂みえいどう落慶らっけい御遷座ごせんざ法要ほうよう」を厳修ごんしゅいたしました。
その際に伊藤猊下がお話になられたお言葉です。

 ただ今、宮殿くうでんが開かれ、新しい御影堂みえいどうに元祖様がおうつりいただきました。御影堂みえいどうも開きました。建物であったこの御影堂みえいどうに元祖様の命脈めいみゃくが行き届いたのであります。生きた本堂となりました。こんな喜びがありましょうか。
 私たちは皆がこの喜びを持って、念仏のいのちを広く外に向かって伝えていくならば、元祖様が願われた万民の幸せを少しでも皆が感じ取れるようになるかと思います。これこそが遷座せんざ、そして御影堂みえいどう落慶らっけいの大いなる意義であるかと考えます。私どもは念仏を申して生きられた祖師そしの教えを受けて生かさせていただいております。
 今、私たちの周りは平生へいぜいさを欠いてまいりました。つまり、新型コロナウイルスの疫疾えきしつによりまして、世界が大きく波打っております。人々が、今、苦難に見舞われております。平生だった人々の生活が異常になり、異常になった時に私たちが気付いたのは、いかに平生が有難かったかということであります。
 新たに造られたこの御影堂みえいどうから新しい息吹が生じ、それに触発された私どもが、その念仏の心で自らを覆い尽くすようになってくれたら、また平生を取り戻すことができるだろうと考えております。
 異常の中で平生を早く取り戻そうということに深く思いを致し、自らを戒め粛然しゅくぜんと己を守って、周りに影響がないようにしていきたいものです。
 こうした心を念仏のうちに持って、平生を取り戻していこうとするその祈念きねんが、祖師そし恩徳おんとくに報い、また私たちをも生かすことになるのではないかと思います。

令和2年4月13日
浄土宗じょうどしゅう総本山そうほんざん知恩院ちおんいん第八十八世・浄土じょうど門主もんす
とう ゆい しん

国宝御影堂落慶御遷座法要之疏(PDF)

ページのトップへ戻る