俳壇・歌壇

令和3年5月

浄土歌壇

堀部知子 選
投歌総数136首

紅梅の花に溜まりし白露を目白の二羽が時折揺らす東京 代田ユキ
上句の繊細な把握、下句もまた二羽の目白の動きを見逃さない。しかし「白露」は秋の季語であるが。
コロナ禍で四人目を生むわが娘妻の還暦の三分前に埼玉 塚﨑孝蔵
元歌の四句目は「バアの還暦」であったが、「妻」とした。数字がなかなか効果的に納まっている。
看護師に呼ばれし翁ゆるゆると杖つき向かう診察室へ三重 瀧原信善
何気ない歌でありながら、病院の中の翁の動きが目の前に立ちあらわれるように想像できる。
煎餅を己の歯で噛み響く音傘寿になれども有難きかな埼玉 岸 治巳
酒のかす焙り砂糖を乗せし母二人で楽しみしほの甘き春大阪 津村仁美
うっすらと春の雪積む筋向いの屋根に日の射したちまちに消ゆ福岡 古賀悦子
間引きせし冬菜を妻はお浸しに今宵の酒はひときわ美味し大分 小林 繁
時を待ち晴れて今日吹く朝の風少し遅れて絵手紙届く島根 出川武範
紺色の母の形見のベレー帽鏡に言われる「似合わないよ」と山口 小田村悠紀子
無人の家の荒れたる庭に白梅の今年も忘れず咲き誇りいる宮崎 小野加子
葡萄の木の枝より流れ光る水重力超える命の力京都 佐野次郎
庭先にみかんの輪切りを挿して待つヒヨドリ目白名の知らぬ鳥神奈川 相田和子
父母の年回忌にも帰郷できず先祖の御霊へ回向を贈る東京 蚫谷定幸
孫が来て消しピン大会始まった何度やっても一度も勝てず大阪 林 孝夫
そっと開け笑みこぼれける孫二人に進級祝いをあげる喜び愛知 横井真人
添削元歌の下句「上げるも喜び進級祝」であった。

浄土俳壇

坪内稔典 選
投句総数202句

梅の香を胸一杯にワクチン来静岡 伊藤俊雄
「ワクチンク」と読む。やって来るワクチンへの期待も胸にいっぱいだ。
念仏のネット配信島の春和歌山 福井浄堂
コロナのもたらした念仏の新しい風景。コロナは色々ともたらし、それにも目を向けたい。
故郷(ふるさと)の桜は八分オンライン大阪 安藤知明
これもまたコロナがもたらした新しい風景だ。オンラインは今や日常語になっている。
手招きをすれば来さうな春の山鳥取 徳永耕一
君待つ日正座横座に鍋座きじり兵庫 小野山多津子
あたたかや子の合格に草餅を山梨 山下ひろ子
癌よりもコロナ恐れて春炬燵滋賀 山本祥三
猫柳仏花にともす野のひかり福岡 谷口範子
夕暮れて砂場に藤の吹き溜り大阪 津川トシノ
山笑ふスイッチバック残る駅大阪 渡邊勉治郎
マスクして話し上手と聞き上手茨城 齊藤 弘
春飴は春日井カバヤ赴任の地埼玉 三好あきを
僧坊の棚に木彫りの内裏雛京都 根来美知代
凍返る廃線跡の駅舎錆び長崎 村田一子
今我を干しているのだ日向ぼこ佐賀 織田尚子
楽譜の中の君と逢う春の湖滋賀 野口直子
花談義苗を手渡す友笑顔長崎 松瀬マツ子
送別の膳に添え置く桜餅埼玉 須原慎子
ファックスで来るお誘ひの雛まつり岩手 佐々木敦子
津波碑のうしろ麦踏む女たち青森 中田瑞穂
楤芽摘む縄文の山青き山東京 山崎洋子
外は雪内は重曹夏みかん 京都 佐野次郎
春菊を庭から取って朝食べる大阪 林 孝夫
春の川水質検査受けてをり石川 松平紀代子
城の春ぬつと跳び出す黒き猫大阪 大内由紀夫
寿司握る妻の鼻歌桃節句静岡 太田輝彦
水温む単身赴任もつつがなく神奈川 上田彩子
子は走る吾は歩き出す春うらら山口 沖村去水
海光を体一杯梅開く愛媛 千葉城圓
添削「海光や」をやめ「一杯」の後に切れを移した。

ページのトップへ戻る