浄土宗トップページ > Web版浄土宗新聞 > ニュース > 浄土宗開宗850年慶讃ポスター完成 法然上人の〝開宗の想い〟表現

ニュース

浄土宗開宗850年慶讃ポスター完成 法然上人の〝開宗の想い〟表現

2021年07月01日

インタビュー動画で、ポスターのイラストを描く茂本氏

浄土宗は、令和6年(2024)に迎える、「浄土宗開宗(かいしゅう)850年」の慶讃ポスターを制作した。

世界的墨絵アーティストで本紙「古典から見る ″この世″ ″あの世″ の情景」にイラストを提供する、茂本ヒデキチ氏にメインイラストを依頼。制作テーマとなった法然上人のお言葉「我、浄土宗を立つる心は、凡夫(ぼんぶ)の報土(ほうど)に生まるることを、示さむためなり」から、浄土宗開宗に向けて歩みだす上人のお姿を描いた。

茂本氏は「誰もが救われる教えを探し求めるため、強い想いで旅路に立たれる法然上人をイメージしました。開宗850年という、記念すべき行事に携わることができ光栄です」と語る。

ポスターは、7月上旬に各浄土宗寺院へ発送し、掲示板などに掲示される。またユーチューブ「公式チャンネル浄土宗」では、茂本氏へのインタビューやイラストの制作の様子を公開。

完成したポスター

一覧を見る

ページのトップへ戻る