俳壇・歌壇

令和3年8月

浄土歌壇

堀部知子 選
投歌総数投歌総数126首

丁寧に和菓子を包む店員の制服の白き衿の清しも 京都 根来美知代
京菓子でしょうか。作者の着眼は上句を受けて、自ずと清々しい気分になるのはその白き衿ゆえか。
田植する隣は麦を刈り始めそのまた隣は代掻きをする栃木 小峰新平
作者の視線の変化に読者は想像をふくらませ、その景をつぎつぎに身内に取り込んでいく。
孫よりのメールはいつもコロナには負けないでねと結ばれており大阪 安藤知明
この一首は結句の良さではないでしょうか。ある年齢に達したお孫さんとの交信がほほえましい。
積もりたる枯葉を掃かんと早朝の墓苑に行けば箒の跡あり兵庫 中西一朗
コロナにて見舞う施設の面会で友の笑顔に逢える日を待つ群馬 新井日出子
家を守る子と語りつつ五歳にて逝きし長男を今に偲ぶも滋賀 中村ちゑ
菜園にジャガ芋育ち収穫は三又鍬で茎枯れを待つ福岡 上野 明
骨育にカカト落しが良いと聞く廊下の床がみしみしと鳴る大阪 津川トシノ
紀の国は山国なれば庭に来る尾長、山雀、目白に鶯和歌山 原 鉄也
車中にて問診を受け薬を待つケンタッキーチキンを買うようにして青森 中田瑞穂
よーいどんのワクチン予約運を天に任すが電話もネットも駄目だ 大阪 林 孝夫
救急車だけでは命を救えないドクターヘリの飛ばぬ日はなく奈良 中村宗一
鎌倉へやっと電話の繋がればワクチン終えしと疲れたる声  アメリカ 生地公男
肉ジャガを丼いっぱい盛りつけてコロナ禍のなかささやかな幸千葉 林 元子
半月の形に割れし皿のこと言いそびれつつ時の経にけり石川 五十嵐一雄
添削下句は「隠してしましの休息時間」であった。

浄土俳壇

坪内稔典 選
投句総数投句総数224句

梅雨となるおうち時間の裁縫箱佐賀 織田尚子
コロナは新しい言葉をもたらした。三密、テレワーク、オンライン飲み会など。「おうち時間」もその一つ。コロナ禍をささやかな福に転じた句。
五月雨やコロナの接種五秒程大分 吉田伸子
コロナワクチンの接種は、その予約からして社会的な騒動になったが、意外にも接種は「五秒程」で済んだ。その気の抜けた感じのおかしさ、そして安心感! それをうまく詠んだ。
ふるさとにマグロ幟よ青嵐青森 中田瑞穂
作者の故郷はマグロで有名な大間あたりなのだろうか。鯉幟ならぬマグロ幟が愉快だ。
風薫る誤字そのままの拉麺屋 京都 根来美知代
蜜豆を亡母と分け合ふ午後三時群馬 木村住子
大鉢にそらまめの湯気大家族大阪 森 敏記
母逝きて一人ぼっちの牡丹園京都 孝橋正子
念佛の風に交じりて里若葉和歌山 福井浄堂
青梅雨やほのかに匂ふ女子生徒滋賀 三宅俊子
夏つばめ帆船追いて宙返り長崎 平田照子
たわいなき長電話する梅雨の入り奈良 畷 崇子
傘をさし日影をつれて歩く午後大阪 津川トシノ
離島への赴任の決り蚊帳用意熊本 土佐千洋
岩手山一本道に青田風大阪 西岡正春
「御自由に」との花菖蒲少しだけ埼玉 須原慎子
花蜜柑見下ろし電車傾ぎゆく神奈川 藤岡一彌
蛍きて二人で生きて焼き団子山梨 山下ひろ子
新緑は動き出す色旅心鳥取 徳永耕一
青嵐誰かのボール転げゆく神奈川 中村道子
雨の中重たく居ます薔薇を剪る群馬 飯塚 勝
ライン・ライン近況報せと柿若葉群馬 長 京子
夏来ると軽い女となりて旅神奈川 上田彩子
観覧車先に乗り込む夏の蝶大阪 岡崎 勲
解放の口髭夏の風の悦アメリカ 生地公男
添削「風に」を「風の」とし風を主人公にした。

ページのトップへ戻る