浄土宗トップページ > Web版浄土宗新聞 > 連載・特集 > 想う気持ちを“かたち”に 作法のキホン(上)

連載・特集

想う気持ちを“かたち”に 作法のキホン(上)

2021年08月01日

お盆は、棚経やお墓参りなどで作法を気にすることが多い時期。「どうすればいいの?」と不安になる方も多いのではないでしょうか。作法ばかり気にしていては、ご先祖さまやご本尊さまとしっかりと向き合えません。

今号から2回にわたって紹介する浄土宗の作法の基本をおさえ、大切な方と向き合い、よりよい時間を過ごしましょう。

数珠・袈裟のつけ方

お参りや法要の時に、ぜひ身に着けていただきたい「お数珠」と「お袈裟」。仏教徒である証をつけて、ご先祖さまとの時間を過ごしましょう。

仏教徒が身につける衣服であるお袈裟。僧侶だけが着るものと思われる方が多いかもしれませんが、檀信徒や一般の方も身に着けられるお袈裟に「輪袈裟」があります。
細長いお袈裟の両端を飾り紐でつなげて環状にしたもので、葬儀や法要、日々のおつとめのほか、寺院に参拝するときに身に着けます。浄土宗の輪袈裟には、浄土宗の宗紋・月影杏葉が正面や首の後ろ部分についているのが一般的です。首にかける際に、紋の向きが上下逆になっていたり、飾り紐の付いている部分が内側に来ないように気を付けましょう。

浄土宗お作法シリーズ2「袈裟のかけ方」

お数珠は、基本的に小さな珠に糸などを通して輪の形にした、宗派を問わずに使用される仏具です。浄土宗では一般的に輪を二つ重ねた二連の数珠「日課数珠」を用います。これには“毎日お念仏をとなえるための数珠”という意味があります。
合掌している時は、少し大きな珠(親玉)が、親指と人差し指の間にくるように二つの輪を手にかけ、房を胸側に垂らします。お焼香をするなど合掌をしない時には、左手首に掛けておきましょう。

浄土宗お作法シリーズ1「数珠の使い方」

十念のとなえ方

浄土宗では、法事や葬儀だけでなく、寺院参拝や食事の前後など、さまざまな機会で「南無阿弥陀仏」と10回となえるお十念をします。
お十念は「ナムアミダブ」と8回となえ、9回目に「ナムアミダブツ」と「ツ」まで発音します。最後は「ナームアミダーブー」と、少し語間を伸ばしてとなえましょう。
8回まで一息ではきついときは、「ナムアミダブ」を4回、一息入れてまた4回、9回目と最後は前述と同じようにとなえます。
棚経参りやお墓参りで菩提寺のご住職が訪れた際には、ともにお十念をおとなえしましょう。

浄土宗お作法シリーズ3「十念の作法」

※紹介した作法は動画でもご覧いただけます。アクセスは各リンクから!

 

【YouTube公式チャンネル浄土宗PR広告】
作法を動画でわかりやすく解説 YouTube公式チャンネル浄土宗で「お作法シリーズ」公開中

特集でご紹介した以外にも、お仏壇のお手入れの仕方やお墓参りの作法の動画をご覧いただけます。この他、浄土宗の総本山、大本山の紹介動画や、浄土宗の教えを伝える「浄土宗の法話」なども公開中。公式チャンネルのホームへのアクセスはこちらから!

一覧を見る

ページのトップへ戻る