俳壇・歌壇

令和3年11月

浄土歌壇

堀部知子 選
投歌総数157首

写真館何時の間にか店じまい撮りますよチーズの声の懐かし青森 中田瑞穂
この一首の良いところは下句でしょう。声が聞こえてくるような臨場感と雰囲気までも伝わる。
地蔵会も子らの賑わい遠ざかりひぐらしの声のしきり聞こゆる兵庫 中西一朗
作者のさみしさを、ひぐらしの声が掻き消すように鳴く、ひとしお身に沁みるその鳴き声が……。
「ただいま」と同時にマスクをはずしたり傘寿のわれは「はあ」と息つく兵庫 堀毛美代子
この一首に共感される人も多いかと思う。コロナで騒がれている時期には。下句の実感が良い。
長雨の合間に陽が差し時草を取りて畑に石灰を撒く福岡 上野 明
どうしようと迷いし時に鍬を持ち思いっきり振り上げ耕作をする奈良 畷 崇子
濃紫のセロファン纏いし花束とクラッカー舞ふ古稀の祝ひに滋賀 北川徳子
はらからの長となりたるわれなりき背筋を伸ばし生きてゆかむか石川 五十嵐一雄
あっけらかんと烏してをり椋島に庭の枇杷の実先取りされて愛知 吉田喜良
一面の稲の花咲く畦道の垂れ初めし穂を手に取りて見る愛知 横井真人
花房の日毎に紅の彩深む百日紅空に枝をひろげる滋賀 中村ちゑ
甦るは岡山空襲真っ赤な空われは小学一年生岡山 矢川忠彦
鮮やかに猛暑に咲きたる百日紅その紅色が根元に散り敷く宮城 西川一近
コロナ禍に病知らせる甥の声見舞かなわず別れを悔む大阪 谷澤達子
半月に寄り添う毎く星ひとつ都会の空に他に星の無く大阪 津川トシノ
添削元歌の四句目「都会の空は」を「空に」、五句目「星無く」を「星の無く」と助詞の「の」を入れた。一首出来上った時声に出してよむことも大切。

浄土俳壇

坪内稔典 選
投句総数208句

秋澄むやトイプードルの色違い京都 根来美知代
〈575の言葉の絵〉という一面が俳句にはあります。この句、快い絵になっています。
マネキンに肥満など無し秋暑し青森 中田瑞穂
汗もかかないですね、マネキンは。句の主人公は肥えていそう。ちょっとおかしい。
新涼の歩幅を少し大きめに東京 山崎洋子
賛成です。私も大きめにして歩いています。
じゃが芋を掘りて日影に広げおく岩手 菊池 伉
ふるさとの空とんではね鮎遊ぶ栃木 茨木あや子
鮗の光るうろこをはぐ八十路佐賀 織田尚子
グミ菓子好き虫採り大好き図鑑繰る滋賀 三宅俊子
夏草や確かここにも在りし家富山 山澤美栄子
直線を紡ぎつむぎて蜘蛛の囲に鳥取 徳永耕一
いつまでも友と語りて盆の月和歌山 福井浄堂
秋の航白き波残る一直線愛媛 千葉城圓
子に孫に家系繙く盂蘭盆会福岡 谷口範子
隧道を出るや紅葉のシンフォニー大阪 津川トシノ
野路の秋歩幅大きく伸ばしけり栃木 伊藤和子
肩車月を良く見て帰ろうよ滋賀 山本祥三
図書室に薄暑の黙が並びだす石川 五十嵐一雄
過疎守る駐在さんの赤マスク群馬 本多義平
盛り上る芋煮座敷の隠し芸神奈川 藤岡一彌
友来たり新米五合半分こ埼玉 須原慎子
手を止めし傍に草の花ポツリ山口 沖村去水
盆踊り単身赴任の夜は更けて神奈川 上田彩子
秋深し忘れ上手を笑われる長崎 吉田耕一
買い替へて新車爽やか猫車京都 北村峰月
草むらに露草の青集まりて秋田 高橋さや薫
お湯割りの杯は大ぶり秋灯下長崎 太田ミヤ子
添削言いたいことをイメージ(風景)やリズムに変える。これが俳句作りの醍醐味です。原句は「~をひとり楽しむ」でした。

ページのトップへ戻る